スマートエイジングライフ
オトコを上げる食事塾 笠井奈津子
【第29回】 2013年7月22日
笠井奈津子 [栄養士、食事カウンセラー]
著者・コラム紹介バックナンバー

早く老ける人、老けない人は何が違う?
見た目を若くする食事、食材とは

 ビタミンCの1日の摂取基準は100㎎とされている。朝は果物を食べ、昼は添え物の千切りキャベツやサラダを残さず食べ、夜は居酒屋でゴーヤチャンプルをいただく。そう考えれば、そんなに難しい話ではないかもしれない。

 余談だが、老けて見える上に、「なんだかお仕事が大変そう(うまくいっていなそう)」と思われてしまう外見の特徴に、“くま”がある。血行不良や加齢など、原因は様々だが、茶ぐま、とよばれるものは食事による改善が考えられる。茶ぐまとは、目の下に小さなシミが連なるようにできたり、こすることによる色素沈着などが原因とされる。原因が原因なだけに、シミと同様に、メラニンの生成を抑えるビタミンCが一役買ってくれるだろう。

一刻も早くシミを改善したいなら
レバー、さば、にんじんを食べよう

 そして、少しでも早くシミを改善したい!と思うなら、レバーやさば、うなぎに多いビタミンB2も意識してみよう。ビタミンB2には細胞の再生や成長を促す働きがあり、肌の新陳代謝が高まることでメラニン色素を排せつしてくれる。タンパク源に多く含まれるので、夏バテでそばだけ…など、メイン料理なしの生活をしていなければ摂りやすいはずだ。

 また、同じように新陳代謝を高め、皮膚の健康維持に一役買ってくれるのはビタミンA。ビタミンAは体内に蓄えておける性質があるので、毎食毎食意識しなくても許されるのがありがたい。

鶏レバー 100g・・・・・14000μgRE
うなぎ  100g・・・・・1500μgRE
にんじん 100g・・・・・680μgRE
にら   100g・・・・・290μgRE
小松菜  100g・・・・・260μgRE

 炒めものに向くような食材が多く感じるが、実際に、ビタミンAは脂溶性で、油に溶けると吸収がよくなるので、鮮度の高い油でパパッと炒めていただくのがおすすめだ。

 そして、もしもシミが目立たないくらいに肌全体のくすみが進行しているようであれば、おやつが食事代わりになっていないか、ファストフードに偏ってないか、豚バラやベーコンのように脂肪を多く含む肉ばかり選んでないか、買ってきた揚げ物や炒め物が多くないか…そういったことを改善することが先決である。

笠井奈津子
[栄養士、食事カウンセラー]

東京都生まれ。聖心女子大学文学部哲学科を卒業後、栄養士免許取得。現在、栄養士、食事カウンセラー、フードアナリストとして活躍中。都内心療内科クリニック併設の研究所での食事カウンセリングやセミナーなどで、これまでに携わった8000通り以上の食事記録をもとに食事指導を行っている。また、“食卓に笑顔を”の願いのもと、『Smile table』を主宰し、ビジネスマン向けに企業内研修、カウンセリングをするほか、ワークショップなども実施している。
著書には『10年後も見た目が変わらない食べ方のルール』(PHP新書)、『成功する人は生姜焼き定食が好きだ』(晋遊舎新書)、『甘い物は脳に悪い すぐに成果が出る食の新常識 』(幻冬舎新書)などがある。
公式サイト スリップストリーム(お問い合わせ)


オトコを上げる食事塾 笠井奈津子

男も35歳を過ぎれば、体のあらゆるところにガタがくるもの。昨日の酒がなかなか抜けない、太りやすくなった、集中力が続かない、髪の毛がよく抜ける…。そんな症状を食事で改善できるとしたら?経営者や管理職セミナー、企業研修で多くの男性ビジネスパーソンの食事を指導している栄養士・食事カウンセラーの笠井奈津子氏がデキる&モテるビジネスパーソンになるための食事のルールをご紹介。健康的で若々しい体は食事からつくっていきましょう。

「オトコを上げる食事塾 笠井奈津子」

⇒バックナンバー一覧