ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
スマートフォンの理想と現実

SIMフリーiPhoneが日本のモバイル産業に投じた一石

クロサカタツヤ [株式会社 企/株式会社TNC 代表]
【第55回】 2013年11月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
2
nextpage

SIMフリーに対して保守的な日本の消費者

 iPhoneは現在、日本で一番売れているスマートフォンである。そのiPhoneが、突如としてSIMフリーを選べることになったのだから、確かにインパクトは大きいと感じる向きも多いだろう。

 確かにネットでも、「iPhone販売に依存している通信事業者にとって大きなダメージ」であるとか、「通信事業者の回線サービス競争が激化し、土管化が一気に進む」といった、勇ましい声があちこちで聞こえる。

 しかし私は、それほど大きな直接的影響は、現時点ではない、と考えている。

 理由の一つは、消費者の多くはそれほど回線契約に関心があるわけではなさそう、ということだ。こう言うとネットを使いこなしている読者には「何を言っているのだ?」と思われるかもしれない。

 しかし、消費者の多くは、回線サービスがどのようなもので、それがどのような契約や条件で縛られているか、あまり気にしていない。むしろ気にしているのは、導入時の価格や月々の回線費用であり、あるいは契約作業の簡便さであり、あとはつながりやすさが少々、といったところだろう。

 たとえばMNP(番号ポータビリティ)のインセンティブ競争で、販売動向が左右される現実が、それを如実にあらわしている。また通信品質を気にするのであれば、auのiPhone5(無印)は消費者からの支持を集めないはずだが、同社が投げ売りに近い販売戦術に打って出た結果、iPhone5s/5c登場「後」に、iPhone5(無印)がセールス上位に食い込んでいた。

 同機が周波数帯の対応の関係で必ずしもベストな端末でないことは、ネットで調べればすぐに分かることだ。にもかかわらず消費者は安い方を選んだ。あるいはソフトバンクモバイル(以下SBM)も、通信品質の向上を打ち出してはいるが、同社の契約数に劇的な影響を及ぼしているかと言われれば、そうとも思えないのが実態である。やはり、消費者が気にしているのが「コスト」であることは、明らかだろう。

previous page
2
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

クロサカタツヤ
[株式会社 企(くわだて)代表取締役、慶應義塾大学特任准教授]

1975年生まれ。慶應義塾大学・大学院(政策・メディア研究科)修了後、三菱総合研究所にて情報通信分野のコンサルティングや国内外の政策調査等に従事。その後2007年に独立し、現在は株式会社企(くわだて)代表として、通信・メディア産業の経営戦略立案や資本政策のアドバイザー業務を行う。16年より慶應大学大学院政策・メディア研究科特任准教授。


スマートフォンの理想と現実

2011年はスマートフォンの普及が本格化する年になる…。業界関係者の誰しもがそう予感していた矢先に発生した東日本大震災は、社会におけるケータイの位置づけを大きく変えた。しかし、スマートフォンの生産に影響が及びつつも、通信事業者各社はその普及を引き続き目指し、消費者もまたそれに呼応している。震災を受けて日本社会自体が変わらなければならない時に、スマホを含むケータイはどんな役割を果たしうるのか。ユーザー意識、端末開発、インフラ動向、ビジネスモデル等、様々な観点からその可能性と課題に迫る。

「スマートフォンの理想と現実」

⇒バックナンバー一覧