ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
富田直美 真説・IT考

アマゾンの小型ヘリによる配達
実現するまでの課題を考える

富田直美
【第11回】 2013年12月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
2

 ベースになるマルチ・コプターがここまでの領域に完成して来た最も大切なテクノロジー(Enabling Technology)は、まさに以前に中国製のラジコンヘリの回で触れたが

・LiPoバッテリー:軽量で、大容量を実現できるリチウムポリマー充電池の実用化
・熱を持ちにくく接触部分の無いブラシレスモーターの実用化
・超小型1チップ多軸ジャイロの実用化
・超小型GPSシステムの実用化
・GoogleMap データの存在

 等々が寄与している。

 なお、YouTubeにはマルチ・コプターの飛行映像が多く投稿されているから是非チェックされたし。

私の真説

 ラジコン、遠隔操縦、GPSによるプログラムド制御等々の基本技術と応用技術は、もはや、従来夢に近いと考えていたことを、簡単に実現出来てしまうレベルに達している。

 今回のアマゾンの実験のように、模型の世界で実現した技術とGPSという模型の世界とは無関係だった社会システムとを絶妙に組み合わせた結果、少しの追加開発をするだけで企業の夢の実現に寄与しうるものになる。

 こうした夢の実現に世界最先端の注目企業が取り組む姿は、実に爽快である。まあ子供のオモチャを大人が取り上げて、真剣に遊んでいるような絵図が私には見える。

 問題は、何をしたいか?だ。ネット犯罪がそうであるように、反社会的な使い方が一般人でも出来るということも、しっかりと心しておく必要がある。

 私も、早速、6つの回転翼と、500gのカメラを搭載できるマルチ・コプターを購入した。近所迷惑にならないように、また周囲に怪しまれないように、空撮から始め、更なる可能性と問題点を研究したいと考えている。

(追記)書き終えた後、日産の新型X-TRAILのプロモビデオに私が購入したマルチ・コプターと同じ中国製のマルチ・コプターがスノーボードの選手を後ろから追従して動画撮影をしている平和的拡大応用例がありました。
http://www2.nissan.co.jp/SP/X-TRAIL/X-TECH/

previous page
2
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

富田直美 真説・IT考

新しいIT技術に基づく製品やサービスは、人間、社会にどんな影響(ポジティブ、ネガティブ)を与えるのか? 先端IT企業9社の経営経験を経て、現在は名門シンクタンクの理事を務め、大学で人間力を教える著者が、わかりにくいITとIT業界の動きを人間力によって立つ問題意識を元に考察する。

「富田直美 真説・IT考」

⇒バックナンバー一覧