同時に、SAPIX、早稲田アカデミー、栄光、河合塾、東進、ena、さなるなど有力な塾・予備校の社長を取材し、経営戦略や成長策、それぞれ独自の合格ノウハウについて、インタビューしています。

 高校受験では、公立を中心に、中学校の内申点が重要。そのため、定期試験対策に注力する集団指導塾や、新たなタイプの個別指導塾が、急伸しています。どんな手法で伸びているのか、特徴的な塾についてレポートしました。

 専門家からも、秀逸のレポートや提言を得ています。

 『SAPIXメソッド』『SAPIXカリキュラム』の著者、杉山由美子さんには「なぜSAPIXは驚異的な合格実績をあげられるのか」について、『新・受験勉強入門勉強法マニュアル』など受験ノウハウや勉強法についての多数著書がある和田秀樹氏には、「受験に勝つための勉強法や暗記法」と「中学受験に際して、親が心がけるべき4つの要点」について、提言してもらっています。

 そして、下村博文・文部科学大臣には、「若者の学力向上政策」、特に「グローバル人材と理数系人材の育成策」についてインタビューしました。その点における「民間活用策」にも聞いています。

 今、小学・中学受験が終わり、高校・大学受験は終盤を迎えています。そろそろ、受験を来年以降に控える子供の塾・予備校選びが始まるときです。

 塾と予備校についての情報を全58ページにわたって大特集している本誌を、お役立て頂ければ幸いです。

 受験生の皆様の志望校合格を、心よりお祈り申し上げます。

(『週刊ダイヤモンド』副編集長 大坪 亮)