ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
スマートフォンの理想と現実

中国勢の台頭と、
急速にコモディティ化するスマートフォン

――モバイル・ワールド・コングレス(MWC)2014レポート【前編】

クロサカタツヤ [株式会社 企/株式会社TNC 代表]
【第59回】 2014年2月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
2
nextpage

勢いを増す中国勢

 ではまずその中国勢の様子から。総じて言えば、今年は昨年以上に元気であった。その筆頭格は、やはりファーウェイである。MWCでもトップクラスのプレゼンスを誇っており、そもそも会場に出入りするためのパスホルダーのスポンサーにもなっていることから、来場者全員がファーウェイのロゴをぶらさげて歩いているという状況である。

ファーウェイが今回発表した端末群 Photo by Tatsuya Kurosaka

 今年は、5つの新製品を発表していた。それぞれ、Wi-Fiルータ、スマートフォン、タブレットを大小2機種、そしてウェアラブルデバイスである。それぞれの端末の詳細については、すでにあちこちで既報されているので、たとえばこの記事をご参照いただきたい。

 まず驚いたのは、彼らが「ライフスタイル指向」を明確に打ち出してきたこと。特に前半のマーケティング担当役員のプレゼンテーションでは、ハードウェアスペックよりも写真撮影等のアプリケーション機能を強調し、かつそれが生活のシーンの中でどのように有用かを、わかりやすく説明していた。

 こう書くと「そんなのいまどき当たり前」と思われるかもしれない。しかし後述するが、少なくとも今回のMWC2014で、彼らほど明確なライフスタイル提案ができている日本企業は、残念ながら皆無だった。アップルやサムスンにはさすがにまだ一歩及ばないにしても、消費者にとって十分訴求する内容だったと言える。

 そしてさらに驚くのは、こうした彼らのキャッチアップが、たかだか1年で実現されていることだ。昨年のMWC2013でも彼らのプレス&アナリストカンファレンスに参加したのだが、その時はハードウェアスペックを「ゴリ押し」した、いわば残念なプレゼンテーションだった。それに比べると、わずか1年でここまで到達できるというパワーには、正直恐れ入ってしまう。

 単なるマーケティング戦略の話というなかれ。一寸先は闇というスマートフォン戦国時代において、迅速にマーケティングを実施し、かつそれを製品開発やサプライチェーンに直結できることは、生き残るための必要条件である。実際、欧州を中心に、同社のブランドはじわじわと高まっており、すでに今回発表された端末の価格設定から見ても、もはや「安売り製品」ではない。

previous page
2
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

クロサカタツヤ
[株式会社 企(くわだて)代表取締役、慶應義塾大学特任准教授]

1975年生まれ。慶應義塾大学・大学院(政策・メディア研究科)修了後、三菱総合研究所にて情報通信分野のコンサルティングや国内外の政策調査等に従事。その後2007年に独立し、現在は株式会社企(くわだて)代表として、通信・メディア産業の経営戦略立案や資本政策のアドバイザー業務を行う。16年より慶應大学大学院政策・メディア研究科特任准教授。


スマートフォンの理想と現実

2011年はスマートフォンの普及が本格化する年になる…。業界関係者の誰しもがそう予感していた矢先に発生した東日本大震災は、社会におけるケータイの位置づけを大きく変えた。しかし、スマートフォンの生産に影響が及びつつも、通信事業者各社はその普及を引き続き目指し、消費者もまたそれに呼応している。震災を受けて日本社会自体が変わらなければならない時に、スマホを含むケータイはどんな役割を果たしうるのか。ユーザー意識、端末開発、インフラ動向、ビジネスモデル等、様々な観点からその可能性と課題に迫る。

「スマートフォンの理想と現実」

⇒バックナンバー一覧