ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
スマートフォンの理想と現実

中国勢の台頭と、
急速にコモディティ化するスマートフォン

――モバイル・ワールド・コングレス(MWC)2014レポート【前編】

クロサカタツヤ [株式会社 企/株式会社TNC 代表]
【第59回】 2014年2月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
5
nextpage
LGも賑わってはいたのだが… Photo by Tatsuya Kurosaka

 LGやhtcの勢いがあった時代の記憶も新しい――というのは当たり前で、2年前には彼らは肩で風を切っていた。逆に言えば、わずか2年であっという間に凋落の危機を迎えてしまうのが、スマートフォン市場が戦国時代である所以でもある。

 本来であれば、彼らはいずれも、デザインやライフスタイル提案に長けたベンダーである。そしてそうした要素がいまこそ求められているのだが、そうしたニーズに対応できないということは、彼らの状況は外部から見えている以上に厳しいのかもしれない。

コモディティ化するスマートフォン

 MWCの会場には、日本では見慣れないベンダーも、数多く出展している。ある意味でMWCの醍醐味なのだが、冒頭で触れた通り、今年は駆け足で見て回ったので、新しい事業者を発掘することはあまりできなかった。

 ただ、フィーチャーフォン時代からMWCに参加している人間としては、ノキアの安いGSMケータイの類似品を大々的に展示していたような(主に中国の)ベンダーが、スマートフォン全盛時代になったMWCに、果たして居場所があるのだろうか、ということは、気になっていた。

 結論は、彼らも元気であった。ある者はそのままの姿で、ある者はM&Aで事業体を変え、と様々な変遷はあるものの、矢や鉄砲が飛び交うスマートフォン戦国時代において、しぶとく生き残っていた。

 さらに言えば、MWC2014で生き残っていた事業者は、すでにスマートフォンの新しい潮流の上で、ポジションを作りつつあるようでもある。それは「スマートフォンのコモディティ化」だ。

KONKAもすでにクワッドコアの高品質スマホを製造 Photo by Tatsuya Kurosaka

 Androidのおかげで、低スペックのスマートフォンであれば、もはやかつてのノキアの安いGSMケータイと同様、50ドルから100ドルくらいのレンジで、作ることができる。それどころか、ローエンドに目を向ければ25ドルの格安Firefoxスマートフォンを、反対にトップエンドでもクアッドコア搭載の高機能スマートフォンを、もはや彼らは何の気なしに作ることができるのだ。

previous page
5
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

クロサカタツヤ
[株式会社 企(くわだて)代表取締役、慶應義塾大学特任准教授]

1975年生まれ。慶應義塾大学・大学院(政策・メディア研究科)修了後、三菱総合研究所にて情報通信分野のコンサルティングや国内外の政策調査等に従事。その後2007年に独立し、現在は株式会社企(くわだて)代表として、通信・メディア産業の経営戦略立案や資本政策のアドバイザー業務を行う。16年より慶應大学大学院政策・メディア研究科特任准教授。


スマートフォンの理想と現実

2011年はスマートフォンの普及が本格化する年になる…。業界関係者の誰しもがそう予感していた矢先に発生した東日本大震災は、社会におけるケータイの位置づけを大きく変えた。しかし、スマートフォンの生産に影響が及びつつも、通信事業者各社はその普及を引き続き目指し、消費者もまたそれに呼応している。震災を受けて日本社会自体が変わらなければならない時に、スマホを含むケータイはどんな役割を果たしうるのか。ユーザー意識、端末開発、インフラ動向、ビジネスモデル等、様々な観点からその可能性と課題に迫る。

「スマートフォンの理想と現実」

⇒バックナンバー一覧