なにも、体をあたためるものばかり食べなくてはいけないわけではない。でも、ちょっと体調が悪いかな、と思ったときには、少しでも体を冷やさないものを選んだ方が体が楽になる。

 いや、でも、やっぱり、冷たくてのど越しが良いそうめんくらいしか食べられないよ、という方は、せめて、納豆をのせたり、卵をぽとりと落としてほしい。冷たいものしか食べたくない!という人は、カツオのたたきみたいに、お刺身なんかを楽しんでも良い。

ビタミンB1不足が夏バテの敵!
炭水化物だけの食事は避けよう

 夏バテは、ビタミンB1の不足によっておこりやすくなる。ビタミンB1は麺類や甘くて冷たい飲み物やアイスなど、夏に増えがちな糖質をエネルギーにかえるために必要なもの。ビタミンB群の供給源となるメインのおかずを摂れていない上に、糖質しか摂らない生活では、バランスが崩れてしまう。にもかかわらず、そんな人が熱中症対策に清涼飲料水頼み、なんて生活をしていたらよりビタミンB1が不足してしまって悪循環。むしろ、普通に水を飲んでいた方が良いことだってある。いっぱい食べなくてもいいから、偏りのない食生活をすることに気をつけてほしい。

 確かに暑さが増せば、少し食欲が落ちたりすることもあると思うが、それくらいであれば、「香辛料や薬味、かんきつ類を多用して食欲増進をはかってくださいね」で済む話かもしれない。でも、そもそも、こうしたものはコンビニで手に入りにくい。コンビニで手に入りにくいということは、ビジネスマンに不足しやすいものでもある。だからこそ、意識しないと、バテやすく、熱中症にかかるリスクも上がってしまう。

 だから、せめて週末はプチ自炊を心がけてほしい。オクラや長芋に代表されるようなネバネバ食品には食物繊維が多く含まれ、消化吸収を助けてくれる働きがあるので、食欲が正常に機能しないほどダウンしているときには、冷奴のトッピングやごはんのお供として足してほしい。