クラブヘッドが下がらないようにするには、アドレスでのひと工夫がポイントです。手のポジションがいつもより低くなるように、腕をまっすぐに下げて「ハンドダウン」の構えをつくりましょう。

 腕とクラブに角度をつけることによって、スウィング中にクラブヘッドが落ちにくくなります。ダフりたくないからといってハンドアップに構えると、ミスがさらにひどくなるので注意してください。

 また、体とボールの距離を遠くすることも有効です。通常よりボール1個分離れて構えると、不思議なことにクリーンヒットできます。視覚的にはクラブヘッドがボールに届かず、空振りする感じになると思います。

【第16回】アマチュアゴルファーのお悩み解決セミナー<br />Lesson16「“ダフリ”の応急処置」
ダフりのミスが多く出る人は、体とボールの距離が近い。通常(赤い球)よりもボール1個分外に出して構えよう。

 ところが、体との距離を遠くした場合、インパクトで手元が上がるとクラブヘッドがボールに届きません。そのため、体が本能的に手の浮き上がりを防止して、手が低いところを通るようになるのです。
 
(取材・文/小山俊正)