スマートエイジングライフ
若返るカラダの秘訣 池内誠
【第2回】 2016年4月6日
池内 誠 [日本体育協会公認アスレティックトレーナー、あん摩マッサージ指圧師、鍼灸師]
著者・コラム紹介バックナンバー

肩こりになる人、ならない人のパソコンの使い方

 モニターの目線だけでなく、キーボードの高さもポイントです。キーボードの位置が低すぎると、身体が前傾してしまうので、おのずと猫背になりがちです。

 猫背といえば、前回もお話ししたスマートフォンを使用するときの姿勢も同じ事が言えます。

 スマートフォンを見るときの背中を丸めた姿勢は、今や当たり前になってしまいました。手のひらサイズの画面とはいえ、顔の前に持ってくることはなかなかできませんので、どうしても目線が下がり、体が縮こまってしまうのは当然とも言えるでしょう。

 それは、スマートフォンが悪の根源というより、ゲームなどに熱中して、長時間同じ姿勢が続くことのほうに問題があります。パソコンも同じです。

 では、長時間のパソコンやスマートフォンの操作で肩こりを感じてしまったら、どうしたらよいのでしょうか。まずは、肩甲骨が固まらないように動かしましょう。運動とまではいかなくても、定期的にストレッチをしてみるだけでも症状が緩和しますよ。

肩がこってしまったら…
簡単ストレッチを3つ伝授

 仕事中に肩こりを感じたら、気軽に座ったままでもできる、簡単なストレッチを3つご紹介します。

 基本はそれぞれ1回5秒程度を3セット。回数や強度は、身体の固さの違いがあるので、効き具合をみて調整してください。また、痛みを感じたらストップです。無理のない範囲で行いましょう。

(1) 肩タッチ

 片腕を上げ、ひじを背中側に曲げます。その指先で、上げた腕とは反対側の肩を触ります。深く曲げられる人は、肩に手をのせてみましょう。

強度を上げたい人は、肩に手をのせてみましょう

(2) 肩甲骨タッチ 

 腕を下ろした状態で片方のひじを曲げ、背中側に下から手を回します。指先は、その腕とは反対側の肩甲骨を触ります。強度を下げるには、腕を下げて肩甲骨より下を触るようにしましょう。

強度が高いと思われたら、腕を下げて肩甲骨より下を触りましょう

(3) 肩グルグル回し 

 肩に手をつけて(右手は右肩、左手は左肩)、しっかり固定して肘を大きく回します。両腕でも片腕ずつでも構いません。前方向と逆方向に、腕だけでなくきちんと肩が回るように回しましょう。力まずに、肩甲骨がスライドしたり、浮かせたりするイメージで行うと、より効果的です。力まずに、肩甲骨をスライドさせたり、浮かせたりするイメージで行いましょう

力まずに、肩甲骨をスライドさせたり、浮かせたりするイメージで行いましょう 拡大画像表示

池内 誠
[日本体育協会公認アスレティックトレーナー、あん摩マッサージ指圧師、鍼灸師]

1969年生まれ。1992年~96年横浜マリノス・アスレティックトレーナー、2004年ベガルタ仙台・アスレティックトレーナー、2006年~現在サッカー日本代表アスレティックトレーナー。整形外科内科に勤務する傍ら、株式会社サミーネットワークス、SmartNews株式会社内の治療室にて、あん摩マッサージ等を行う。

若返るカラダの秘訣 池内誠

40代を超えると肩・首・腰・脚とあらゆるところに不調が現れます。この連載では、現役プロスポーツ選手と一般のビジネスパーソンを今も診ている池内誠さんに、そんな不調の原因を洗い出していただきながら、意外で簡単な解決法を紹介。無理のない“簡単な続けられる方法”で、若返るカラダづくりを目指します。

「若返るカラダの秘訣 池内誠」

⇒バックナンバー一覧