保険料が高かったら退職後や
がんになった時に払い続けられるか

 多くの人にとってがん保険に入るきっかけは、身近な人ががんになって「治療費がかかって大変だった。がん保険に入っていて助かった(または、入っておけばよかった)」といった話を聞いたとき。そのような状況だと、つい保障額が多いほうを選びがちになるが、「この保険料を払い続けることはできるかどうか」という視点を忘れてはならない。

 子どもの教育費の支出が増えたとき、退職後に収入が大幅にダウンしたときでも払い続けることができるどうか。がんに罹り、治療費の負担が家計に重くのしかかるなか、治療のために有給休暇を使い果たし、給与が減額になったときでも、解約しない限り保険料は払い続けなくてはならない。

 保障が手厚いほど、保険料は高くなるので、バランスを見極めることが重要だ。

 悪性のがんと診断されると、その後の保険料支払いが免除されるのがAIG富士生命の「がんベスト・ゴールドα」だ。保険料支払い免除に加え、診断給付金は、再発・転移の場合、2年に1回を限度に何度でも支払われるのが特徴だ。