そのアメリカ市場で、高級車市場に参入するにあたって、ホンダはアキュラという別ブランドを作ったうえで、徹底的にアキュラがホンダであることを隠してマーケティング展開を行った。

 あたかも高級車市場にアキュラという新しい会社が参入して、そこではレジェンドという商品名のラグジュアリーカーと、インテグラという商品名のスポーツカーを販売している。そのような状況を意図的に作って市場に参入したのだ。

 この戦略は大きく成功した。まっさらなブランドイメージから始まったアキュラの自動車を購入した消費者は、その素晴らしい商品に満足した。そこでアメリカ市場ではアキュラは初年度から顧客満足度調査のトップブランドとなり、アキュラ=高級車の市場イメージが固まった。

 アメリカではホンダはオートバイの会社であり、そこから発展した小型車のブランドである。もしそのブランドイメージのままで高級車市場に参入していたら、レジェンドもインテグラもあれほどの成功を収めることはできなかったのではないだろうか。

スバルへの社名変更の経済合理性は?

 さて、話をSUBARUに戻そう。SUBARUは以前は大衆車や軽自動車も製造していた。経営が苦しくなった時期にこの路線を見直して、もともと自分たちが強かった大型で馬力のある高級乗用車に商品ラインをフォーカスする意思決定を行った。

 その結果、SUBARUは現在の北米では大型車の専業メーカーのイメージを確立している。その状態で満を持して行うのが今回の社名とブランド名の統一といえる。

 そう考えると、製品ラインがフォーカスされたSUBARUが社名とブランド名をひとつに統一するのも正しい選択だ。また、ホンダやトヨタのように製品ラインが幅広く分かれている会社が、大衆車と高級車で製品ブランドを分けるのは、どちらも経済合理的には正しい選択といえるのではないだろうか。