ネガティブなことを言われないから
日本の会社員は自己評価が高くなる

磯村 特に、ネガティブなことを言われることに慣れていないのでしょうね。事実を知らされることがないから、自分を高く評価し、勘違いしてしまうこともあります。しかし、現実には、人事の処遇などで高い扱いは受けない。そこに不満を抱え込み、解消するために、「学歴」などを持ち出す人も出てくるように思います。「学歴」は、目に見えるから説得力があります。

 まして日本企業は、雇用の流動性が欧米企業などと比べると低い傾向があります。他の会社の社員と仕事をする機会が少ないですから、社員は自分がどのレベルにあるのか、外部市場で雇用される際の価値をどのくらい持っているのかについて、自ら判断する基準を見つけることがなかなかできないのです。

筆者 自分のレベルがいかに低いかを知らないから、いつまでも「負け」を認めないのですね。

磯村 会社員に限りませんが、現在の職場で行き詰まったりしたときには、もっと力を発揮でき得る場を見つけ、そこに移ったほうがいいと思います。

 私も教育・研究活動するフィールドを変え、グローバル化を進めています。今でも国内で教えることが多いのですが、最近では、海外の大学などで講義をする機会を増やしています。学生たちに英語力をつけることを促しながら、自分が英語で講義ができないようであれば説得力がありません。研究についても、論文を英語で積極的に書き、海外ジャーナルに投稿し、海外の学会でも発表するようにしています。

 研究対象も、組織の理論のようなアカデミックなものから、戦略やビジネスモデルのようにビジネスに直接結びつくものへとシフトさせてきました。アカデミックよりはビジネスに、国内よりは海外に軸足をずらしています。

 自分をより高く評価してくれるところを探し、移っているのです。1つの分野に必要以上にこだわらないようにもしてきました。キャリアをつくっていくときに大切なのは、未来志向であること。新たに自分が取り組むべきことを再設定し続けることが必要です。

筆者 本来は、会社がそのように社員に促さないといけないですね。