大企業出身者が中小企業に転職すると
必ず頭打ちになる理由

 大企業と中小企業では周囲を取り巻く環境に大きな差があります。大企業にいたときは取引先の納期遅れなど一切なかったのに、中小企業では頻繁に納品が遅れる上に品質も良くないなど自分が尻拭いしなければいけない状況に陥ったり、「もう発注しませんよ」と抗議しても「それでも構いません」と謝罪もされなかったり。付き合いのある取引先の水準にもかなり差があったりするのです。

 一方、大企業では本来は発注者側がやらなければいけないことも取引先がやってくれていたものの、中小企業ではそこまで優遇されないことに気づかず、「なんでやってくれないんだ」と言ってトラブルを起こすような人もいます。

 率直に申し上げると、社員の水準も大手企業と中小企業ではやはり差があります。もちろん中小企業でも優秀な人材はいますが、一般に大手企業のほうが優秀な人材を採用できるのですからそうなるのは必然的です。そのため、以前は会議で話すだけでみんなが内容を理解し動き始めたようなことでも、中小企業ではそんな簡単に物事が運ばなかったりします。

 これらのエピソードのなかにはリクルートから中小企業に転職し、後に起業した私の実体験も入っています。このような事態に直面して多くの場合、大企業から中小企業に転職した人は一度、頭打ちの状態に陥ります。

挫折しても立ち直れるかは
腹の括り方にかかっている

 しかし頭打ちになるのは決して悪いことではありません。頭打ちを経験した人は転職市場で好まれます。一度挫折して、自分が通用しなかった事実と真摯に向き合い、新たな環境に適応したり足りない能力を伸ばそうと努力したりして、中小企業でも成果をあげるようになった人は企業にとって非常に魅力的な人材です。

 大企業から中小企業への転職で一度、頭打ちになるのは予防のしようがありません。我々人材紹介会社も予備知識として伝えますし、最近は企業も自社の足りない部分を意図的に候補者へ見せることが多くなっています。しかしある程度心の準備ができていたとしても、それを上回る想定外の出来事が起こるのが現実です。

 ですから、大事なことは腹の括り方です。想定外の出来事の連続でも、「何が何でも新しい環境で成功してやる」という強い気持ちを持って粘り強く仕事に取り組めるかどうか。見方を変えると、いままでのやり方が通用しない環境で通用するやり方を試行錯誤しながら学び直せるかどうか。それができたときには、大企業にいた頃よりもはるかに実力が身についています。