【第7回】 2018年10月6日 永瀬隼介 :作家

フェイクで怪しげなベンチャーに
カネ余りで行き場のなくなった
巨額マネーが流れ込む

『特捜投資家』第1章─バブル、再び(3)

有料会員になると記事の印刷機能がご利用いただけます。
詳細はこちら