西岡壱誠

東京大学教養学部文科二類2年生。 東大輩出者ゼロの無名校のビリ(元偏差値35)だったが、 2浪し、崖っぷちの状況で「点の取り方」を誰よりも研究した結果、 東大模試第4位になり、東大に合格した「点の取り方の伝道者」。 現在は家庭教師として教え子に「点の取り方」をレクチャーする傍ら、 東大“試験対策委員会委員長”として東大の学内試験の対策を日夜考えている。 また、2018年1月連載スタートの『ドラゴン桜2』(講談社)の情報提供を行う「ドラゴン桜2 東大生プロジェクト」のプロジェクトリーダーを務め、受験や学習全般に関して様々な調査・情報提供を行っている。 著書に『現役東大生が教える 「ゲーム式」暗記術』(ダイヤモンド社)がある。

  • 1
  • 2
  • 2

アクセスランキング

  • 1時間
  • 昨日
  • 1週間
  • 会員
TOP