相性を決定づける
大自然の5大要素

「五行の法則」の説は、「陰陽」の思想(※前回の記事参照)が出てきたあと、同じく古代中国で生まれたものです。

 森羅万象、この世で起きることを5つのグループ【五行=木(もく)・火(か)・土(ど)・金(きん)・水(すい)】に分けて考えます。
 そして、これに関係する物事を突き合わせて、合う、合わないという影響の関係を表すのです。

 つまり、この世のすべてを「木・火・土・金・水」という5大元素によって影響し合っていると考えるのです。
そして、五行のそれぞれは互いに「生まれる」「生み出す」というプラスの作用と、「剋(こく)す」「剋(こく)される」というマイナスの作用によって、それぞれの関係性が成り立っています。

では、「木・火・土・金・水」、この5つのキーワードをよく見てください。
それぞれの単語が、いったい何を示しているか。イメージがつきますか?

<木は「樹木」の木>
<火は「炎」の火>
<土は「地面」の土>
<金は「金属」の金>
<水は「水流」の水>

 それぞれ、上に示した概念を持っています。
 この5大要素の関係性から、「あの人とは相性がいい」というプラス作用、「あの人とは相性が悪い」というマイナス作用を導き出すわけです。
 絶対不変の大自然の法則に則った「人間関係学」ですから、その信頼性はとても厚いものがあります。

 私自身、これまで1万人をサンプリングしてきましたが、人間同士の相性のよし悪しには、本当にこの法則が大きく左右していると実感しています(本書にも、その信憑性を裏づけるような事例を紹介していますので、ぜひ一度、ご覧ください)。

 それでは、次回は、「相性がいい」とはいったいどういうことなのか?
 ここを、理論とともに、ご紹介していきましょう。