共通する注意点は、所得税の発生する境目である103万円超と国民健康保険、国民年金加入の130万円以上。会社によっては配偶者手当の支給基準になっている場合もあるからだ。