ゼロ成長とゼロ金利が収益を圧迫
横並びにならざるを得ない銀行の事情も

 今回、銀行が手数料の引き上げに転じ始めたのは、銀行の本業である「預金を集めて貸出をして、利ざや(貸出と預金の金利差)を稼ぐビジネス」が、「ゼロ金利」と「ゼロ成長」によって苦境に立たされているからだ。  銀行の内部事情として、預金部門は集めた預金を市場金利で経理部に貸し出し、融資部門は必要資金を経理部から市場金利で借りる(借りたことにして部門別収益を計算する)場合が多い。

 それがゼロ金利(実際にはマイナス金利)だと、預金部門はコスト分だけそっくり赤字になってしまう。かといって預金部門を廃止してしまうと、将来の金利上昇時に、一転して「やはり預金を集めますから、皆様よろしく」となった際に対応できない。したがって、赤字であっても預金部門を維持せざるを得ず、少しでも赤字削減の努力をするしかない。

 預金部門の赤字を補うほど貸出部門が儲かればいいが、こちらの状況も大変厳しい。日本経済がゼロ成長だと、不思議なことに銀行の融資残高は減少していくからだ。借り手企業にとってのゼロ成長は、「去年と同じ売り上げ、同じ利益」だが、銀行にとってのそれは違うのである。

 企業が新規の設備投資を行わないと、設備投資は更新投資だけになってしまい、その資金は毎年の減価償却でまかなえてしまう。そうなると借り手企業は、利益の中の配当しなかった分を、銀行借り入れの返済に回す。

 そうした状況になれば銀行は、ライバルから客を奪って融資残高を増やすために貸出金利を引き下げざるを得ない。どの銀行も事情は同じなので、みんな金利を下げるしかなくなり、銀行の業績が軒並み悪化してしまうのである。