ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
スマートフォンの理想と現実

年越しの「あけおめ」メールは自衛のためにも自粛を
多くの疑問符が残ったNTTドコモ「spモード事件」

クロサカタツヤ [株式会社 企/株式会社TNC 代表]
【第14回】 2011年12月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
4
nextpage

 しかし、事故は起きた。しかも事態はそれなりに深刻である。それゆえの、CM自粛でもあろう。

 そして今回の重大な不具合は、突然起きたものではないと、私は考えている。本連載でも、Wi-Fiスポットの機能低下端末の異常終了、プリインストールされたメディアプレイヤーの利用時のIMEI(端末識別番号)流出等、NTTドコモに関係する事故をいくつか取り上げてきた。それぞれがそれなりの事故ではあったが、そうした悪い意味での積み重ねが、今回の事態に至っているように、率直に思えてしまう。

 もちろん、それぞれは独立した事象であり、それを関連づけるのは、勝手な解釈ではある。しかし安全工学の世界でよく指摘される「ヒヤリ・ハット」や「ハインリッヒの法則」とは、正しくこういうことでもある。そしてこれらはすべて、今年の後半に起きたことである。やはりその現実は、極めて重い。

他山の石どころではない

 国内ケータイ産業の雄であるNTTドコモをして、この体たらくである。その背景にあるのが、もはや通信事業者自身も制御できないほどの、スマートフォンの普及拡大と移行の混乱にあることは、言わずもがな。

 ということは、残念だがこうした事故は、他の通信事業者でも起こる可能性がある、と言わざるを得ない。タイミングや濃淡の違いこそあれ、スマートフォンの普及によってあちこちの現場で混乱が生じている状況はどこも大差ないからだ。それこそ国民生活センターが今月初めに「急増するスマートフォンのトラブル」と題して警告を発していることが、何よりその証左であろう。

 また同様の課題は技術面からも指摘できる。そもそもspモードのように、複数のレイヤーを束ねて、高品質のサービスをモバイル環境下で提供するという技術は、それぞれのレイヤー間で状況が異なる場合の調整や協調をどう実現するか、実は相当難しい。一方でLTEはそのコア・ネットワーク(EPC)にIP(インターネット・プロトコル)技術を広く取り入れている。つまり今回の不具合の背景は、どの事業者にも共通ということだ。

previous page
4
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

クロサカタツヤ
[株式会社 企(くわだて)代表取締役、慶應義塾大学特任准教授]

1975年生まれ。慶應義塾大学・大学院(政策・メディア研究科)修了後、三菱総合研究所にて情報通信分野のコンサルティングや国内外の政策調査等に従事。その後2007年に独立し、現在は株式会社企(くわだて)代表として、通信・メディア産業の経営戦略立案や資本政策のアドバイザー業務を行う。16年より慶應大学大学院政策・メディア研究科特任准教授。


スマートフォンの理想と現実

2011年はスマートフォンの普及が本格化する年になる…。業界関係者の誰しもがそう予感していた矢先に発生した東日本大震災は、社会におけるケータイの位置づけを大きく変えた。しかし、スマートフォンの生産に影響が及びつつも、通信事業者各社はその普及を引き続き目指し、消費者もまたそれに呼応している。震災を受けて日本社会自体が変わらなければならない時に、スマホを含むケータイはどんな役割を果たしうるのか。ユーザー意識、端末開発、インフラ動向、ビジネスモデル等、様々な観点からその可能性と課題に迫る。

「スマートフォンの理想と現実」

⇒バックナンバー一覧