「口臭の原因は胃腸だ」という話をよく耳にするが、これは間違った認識である。噴門(ふんもん)と呼ばれる胃の入り口は、筋肉で強く閉じられていることから、臭いが胃から口へと上ってくることはほとんどないのだ。

 では、口臭の原因は何なのか。実は、口臭の原因の90%以上は「口の中」にある。歯周病の原因である「歯周病菌」こそが、口臭発生の主要因なのだ。

 一般的に、歯周病菌は歯面や歯肉に生息して悪さを働くが、実は、「舌」の上にも生息しており、そうした歯周病菌は、舌の上に白く溜まる「舌苔(ぜったい)」と呼ばれる食物や細菌の老廃物を温床に増殖する。この「舌苔」が歯周病菌によって分解される際に、不快なガス、すなわち「病的口臭」が発生するのである。

「病的口臭」の有無は
まず舌を見ること

 こうした「病的口臭」の原因を踏まえ、適切なスメルマネジメントとしては、第一に、「病的口臭」があるかの確認である。口臭を含め、体臭という問題を語る際、臭いを発している当の本人が気づきにくいことがよりこの問題を複雑化していることは前述の通りだ。通常、ヒトは自分の臭いに慣れてしまうため、たとえ口臭があったとしても、それに気づくことはなかなか難しい。

 そこで、「病的口臭」があるかどうかを確認する指標として、舌を見ていただきたい。もし舌の上に広く白い堆積物である「舌苔」が溜まっている場合、かなりの確率で口臭があると想定される。

 その確認を行った上で、実際の口臭対策としては、歯周病の治療、および舌苔の掃除となる。ここで理解していただきたい重要なことは、舌苔の掃除をして舌を一時的に洗浄したとしても、大元の歯周病を治療しなければ歯周病菌が持続的に舌に移行し繁殖するため、口臭はすぐに再発してしまうということだ。そのため、歯周病治療こそが根本的な口臭対策となる。

 さらに、歯周病治療と舌苔の掃除が口臭対策に重要であると述べたが、唾液の量も口臭に大きな影響を与えていることは追記しておきたい。

 唾液の洗浄作用、唾液に含まれる抗菌物質によっておのずと口臭のリスクは抑えられるが、唾液の分泌量が減ると、舌に舌苔が付着しやすくなり、さらに口の中の細菌も増えやすくなるため、口臭のリスクは上がる。

 唾液の分泌量を減少させる要因としては、食事をとらない不規則な生活、ダイエット、ストレスや疲れ、また薬の副作用なども影響を与える因子の1つである。そのため、唾液の分泌を促すよう、1日3回しっかりと食事をとり、またその際にしっかりと噛むこと、そして何よりも健康的な生活を送ることが重要である。