男性は最善と思った治療を受けて満足したが、自己負担は約300万円に上った。一般大衆には民間保険の先進医療特約に加入でもしていなければ、手を出しにくい。富裕層向けの「セレブ医療」ともいわれるが、なけなしの金を投じる者ももちろんいる。

 その粒子線治療の価格に大きな変化が起こる。今年4月から患者数の多い前立腺がんが健康保険適用になるのだ(表参照)。

 希少ながんと、それ以外のがんでは健康保険を使った場合の価格が異なる。希少ながんではない前立腺がんの場合、医療費は150万~160万円と、これまでの約半分になる見通しだ。すると自己負担3割のケースで約50万円。高額療養費制度を利用すれば、さらに自己負担限度額内で済む。

手術、放射線で医療費が横一線
患者奪い合いに

 そもそも、粒子線治療とはどんなものなのか。他の放射線治療と何が違うのか。

 一般的なエックス(X)線治療では、がん細胞と共に周囲の正常な細胞にも放射線が当たり、人によっては吐き気などの副作用が起こる。

 対して粒子線治療は、狙ったがん病巣の位置で線量が最大となり、病巣を突き抜けた瞬間、線量はゼロになる。がん細胞に狙いを定め、周辺にある正常細胞のダメージをより防ぐことができるため、副作用は軽くなるといわれる。

 前立腺がん治療の選択肢である手術、放射線治療のIMRTや「小線源治療」などと粒子線治療が医療費で大体横一線に並ぶ。ロボット支援手術やIMRTが前立腺がん患者をごっそりと抱える中、粒子線治療も加わり患者の奪い合いが始まる。

 粒子線施設の多くは赤字状態。前立腺がんが最も患者が多いがんであり、その医療費がほぼ半額になった。患者の数を倍にしなければ、同じ収入を得られないのだから、各施設は患者集めに本気になってくるはずだ。