転職は「最後の最後の手段」と決めておく
理想的には、やはり10年一区切り

 最後の最後まで頑張ってみて、今の職場への不満も自らの努力によって解決していったとするならば、おそらくあなたは継続的な価値発揮によって、その職場で活躍しているはずです。活躍している人材がその職場を離れるということは、そう滅多に起きるものではありません。こうしたケースについてこれ以上語る必要はなくて、どうぞそのまま頑張ってくださいとなります。

 ところが、本当に努力をして取り組んでみたものの、うまくいかなかった。あるいは、評価されなかったということが起きることも、また事実です。ちなみに、どのくらいの期間、踏ん張るかということがありますが、もし、将来にわたってビジネスパースンとして成果を上げていきたいなら、やはり10年は頑張ることが理想と思います。短くても5年は辛抱したいところです。

自分が働く上で「絶対に譲れないもの」が何なのか
それを見出すまで転職はしないこと

 こうした時、これまた転職活動を開始する前に、自分自身の仕事上の信念というか信条というか、そうした「これは譲れない」という哲学を持っているかどうかを自問すべきと考えます。これまで、このシリーズで語ってきたように、企業と個人のミスマッチにおいて、なかなか事前に想定し切れず、見えてこないのが文化的不一致(あるいは価値観的不一致といってもいいでしょう)です。そうした不一致の最大要因は、個人側に「仕事をしていく上での確立した価値観」が備わっていないからだと感じます。あるいは、別の言い方をすれば、自分が大切にしたいと思っていることを自分なりに整理できていないからです。

 私がここでいう仕事上の価値観とは、仕事をしていく上で関係する生活全体を含んだ具体的な事柄です。すごく簡単な例でいえば「絶対、土日は家族と過ごしたい」といったこと。当たり前ですが、こういう価値観の人がまさか殺人的な時間投入を迫る会社に転職してはならないわけです。また別のケースで言うと、「決められていることは、きっちりやりたいし、他人にもそれを求めたい」という人。こういう価値観の人が、常に臨機応変、柔軟に判断することが大切だと考えている経営者の会社に転職してうまくいく可能性はゼロに近いでしょう。