外資系高級ホテルで働いていた実話をもとにした物語『天国おじい』から一部を抜粋、再構成して紹介します。
真面目に働いていたはずなのに、思いがけない失業で借金を重ね、起業しようとするも資金を持ち逃げされて無一文となり、おまけに原因不明の皮膚病にかかったりで仕事もままならず……。
そこで人生一発逆転を狙って、自己啓発やスピリチュアルにはまりまくったタイチ。
しかし、おかげで人生が好転するどころか、借金してまでセミナーなどに通いつめ、つぎ込んだ結果、借金は600万円にまでふくれ上がった!
「頑張れば結果が出るなんてウソだし、人生は不平等だ!」
そんなこんなで八方ふさがりになった主人公・タイチに、ある日突然、あり得ないことが起こり、以来、人生が好転していくことになったのです。
そのあり得ないこととは……死んだ祖父「おじい」の声が聞こえてきたのです!
その声は折に触れ、タイチの質問に答え、叱咤激励してくれるようになりました。
アルバイト先の高級ホテルで本当に出会った、本物のお金持ちたちとのエピソードなど興味深い話が随所に織り込まれた物語は、読むだけで人生を好転させるために必要なことが理解できます。

自己啓発書を捨てよう!

石川大智(いしかわ・たいち)
1975年生まれ。設計職として企業に就職するも自己啓発やスピリチュアル関連のセミナーや講座に通いつめ借金を重ね始める。2008年、リーマンショックの影響で失業。知人の裏切り、原因不明の皮膚病などの不運に次々見舞われ、さらに増える借金に行き詰まっていたところ、「成功するにはお金持ちの実態を知ればいい」と思いつき、2010年より外資系高級ホテルでアルバイトを始める。そこでのお金持ちたちの実態に、それまで信じてきた自己啓発やスピリチュアルのノウハウに疑問を持ち始めたところ、2011年、死んだ祖父との対話が突然始まる。この対話を紹介したブログがライブドアブログ「哲学・思想」カテゴリ1位を獲得。2016年にホテルを辞め、現在はかつての自分のように人生に悩む人々を対象にカウンセラーとして個人セッションやセミナーなどを主宰している。〔イラスト:©shoyu〕

 今日も遅番だ。
「整理整頓の本質」を理解したボクは、出勤までにはまだ時間があるので、早速部屋をスッキリさせようと、畳の上に積まれた500冊以上の自己啓発書やスピリチュアル関係の本を段ボールに入れていた。

 しかし、気になるタイトルが目に入っては片付けの手を止めて、ついつい読み込んでしまう。
 ボクはちょっと読みすぎなのかもしれないけど、成功した人たちだって、こういう本から「引き寄せの法則」などを勉強し、かつ実践して今日に至っているはずだ。
 ノウハウやテクニックを知らずに成功するわけがない。

 うーん、どうしたらお金に好かれるんだ?
  こんな自分にイライラする。
 そのための整理整頓だったはずなのに、あっ、もう出勤の時間!

人生がうまくいかない時には価値観を疑え!

 遅番の客室担当スタッフの仕事はというと、イメージ的にはラクそうかもしれないが、やることはたくさんある。
 諸々の仕事が一段落して、休憩に入ろうとした22時過ぎ。
 あるお客さまから軽食のルームサービスのリクエストが入った。
 シートを確認すると、そのお客さまは渡辺さま(仮名)。大手企業の代表取締役社長だ。年齢は50代とある。
 ボクは軽食を乗せたカートをコロコロと転がしながら、お部屋のインターホンを押した。
 すると、渡辺さまがドアを開けてくれた。
「夜中に悪いね」
「いえいえ」
 運んできた軽食をテーブルに置こうとすると、テーブルにはスティーブ・ジョブズの本が置いてあった。
 ほら、やっぱり成功者も自己啓発書でノウハウを勉強しているじゃないか!
「この本、机に移してもよろしいでしょうか?」
「ああ、悪いね」
「では、机に置かせていただきます。この本、ボクも読んだことがあって、モチベーションが上がりました」
「モチベーションか。面白いね。部下に薦められて読んでみたんだが、本質を突いた本で素晴らしかったよ」
  出た! ここでも、おじいの言う「本質」が。
「キミのお名前は?」
「あ、石川です」
「石川くんは、いつも本を読んで勉強しているのかな?」
「はい。かなりの量の自己啓発書やスピリチュアル本を読み込みました」
「そうか、それは役に立っているのかな?」
「えっ、あ……」
「役に立っていないの?」
「いやいや、役に立っています」
 自分自身にウソをついている後ろめたさに、背中にイヤな汗が流れるのがわかった。
 ここは正直に話したほうがいい。
 だって、目の前には本物のお金持ちがいるのだから。
 ジョブズの本を読んでいるということは、ボクと同じタイプに違いない。だから、きっとボクの気持ちをわかってくれるはず。なんなら大成功する秘訣を教えてくれるかも!