◎文法不要! 和訳不要! 書き取り不要!
◎親は教えなくていい! 隣でただニコニコして座っているだけでいい!
◎「1日たった5分のらくらく単語暗記法」を楽しんでたら、小2で英検準2級合格! 地方公立からハーバード合格!
◎週1回、たった75分の授業で、大学入試レベルの単語帳を小学生が音読!
……こんな英語教室が、九州の大分駅近くにあるのをご存じだろうか?
英語教室を運営する傍ら、これまで4~18歳の3000人の子どもたちに実証済。長女が大分県の公立小中高からハーバード大学、ジュリアード音楽院合格とありえない成果を出し続けている、廣津留真理氏の『英語で一流を育てる──小学生でも大学入試レベルがスラスラ読める家庭学習法』が第6刷のロングセラーになっている。
今回、再現性重視の観点から、最新ハーバード生200名リサーチを敢行。衝撃の事実が判明したという。
セレブ家庭でない普通の家庭の大分県の子どもたちに、どうやって本当の英語力をつけているのか?
一体全体、どんな「奇跡の勉強法」なのだろうか?
このたび、著者の娘・すみれさんがジュリアード音楽院で「最優秀音楽賞」を受賞したという速報が入った。
そして、そんな著者に続々テレビ出演オファーが舞い込んできているという。
なぜ、大分の公立高からハーバードで「最優秀論文賞」、ジュリアードで「最優秀音楽賞」というありえない実績を次々たたき出すことができたのか?
今まで我々が受けてきた「減点」方式の子育てと、著者が実践する「加点」方式の子育て。
いったいどっちが正しいのだろうか?
本日6月11日に「人生が変わる1分間の深イイ話」(日本テレビ系)に出演した著者から熱いメッセージをお届けしよう。(構成・寺田庸二)

大分の公立高からの奇跡は
どうやって起きたか?

 大分の公立小中高に通い、一度も塾通いもせず、海外留学も滞在経験もない私の娘、廣津留すみれの経歴が話題となっている。

 現役でハーバード大学に合格。「最優秀論文賞」を受賞して2016年春に卒業。その後、世界音楽大学ランキングトップ1のジュリアード音楽院の修士課程に合格。そして、先月5月に「最優秀音楽賞」を受賞して卒業……。

 こう聞くと、まるで、とても怖いタイガーマザーに命じられるがままに、習いごとや勉強をこなしてきた秀才タイプかと思われるかもしれない。

 しかし、みな、娘に会うと一様に、「普通すぎるくらい普通の女の子」「きどったところは微塵もない」とおっしゃる。

 それもそのはず、娘が天狗になったり、調子に乗ったりする環境は、大分県ですこやかに伸びやかに育った18年間にも、アメリカでハーバード大からジュリアード音楽院へとすごした6年間にも、どこにもないからだ。
 ただし、この大分県で育った18年間の家庭教育と、アメリカ大学教育6年間にはただ1つ、共通点がある。
 それは……

 減点方式ではない、「加点」方式で子どもを成功に導く

 と、ほめてほめてほめまくり、
 愛情をこれでもかというほどかけまくる教育法
です。

 日本では、「手はおひざ、お口にチャック」式の、形から入って中身はそのあと、しかも中身は大人が上から目線で一方的にただ一つの模範解答を押しつけ、「君はここがダメ」「もっと〇〇しなさい」タイプの「減点」方式がいまだにまかり通っています。

 一方、今や私が「ひろつる式」と呼ぶ「加点」方式の教育では、子どもは自分の得意分野で勝負すればよい、しかもちょっとしたことでもほめられるので、小さな成功体験が積み上がり、どんどん得意分野が得意になっていくのです。