「たった1分の音読で、英語がスラスラ話せる。英語4技能も伸びる」。
「そんなバカな!」と思うかもしれないが、事実だ。
今、『1分間英語音読』という本が発売即重版となり、話題になっている。著者は東進ハイスクール英語科講師の大岩秀樹氏。1分間英語音読とは、「1分と時間を区切り、中学レベルの基礎英文を繰り返す」音読法だ。
音読する英文に英語4技能(Reading・Listening・Speaking・Writing)すべてに欠かせない文法事項が盛り込まれており、「やればやるほど英語力が伸びる!」を実感できる構成になっている。大岩氏の特別インタビューを公開する(構成:中村明博)

「誤解を生む間違い」とは?

 外国語を話す方と「友人」になるとすれば、あなたはどちらのタイプと友人になりたいでしょうか。

大岩秀樹(おおいわ・ひでき)
東進ハイスクール・東進衛星予備校英語科講師
18歳まで英語は苦手教科の代表格で、偏差値は20台。しかし音読との出合いにより、英語力をメキメキ上げ、予備校講師として人生を歩めるほどに。受験生時代に、音読とわかりやすい授業で人生を変えてくれた予備校講師にあこがれ、予備校講師になることを決意。大学生時代は、東進の小中学部講師として指導に励む(大学受験部は学生講師不可)。自分と同じように、音読の有無のような「ちょっとしたところ」でつまずいて伸び悩む生徒の力になるため、ときには自主的に週7日体制をとり、年間300日以上指導にあたった。その後、東進ハイスクールの採用試験を通過し、23歳という若さで東進ハイスクール・東進衛星予備校の映像授業の担当講師に大抜擢。中学生から大学生を対象とする基礎講座のみならず、難関講座も多数担当。その対象の広さで得た経験から、「受験の先にある実社会で必要とされる英語力」を見据えた指導に定評がある。自身の人生を変えた、Reading・Listening・Speaking・Writingという英語4技能すべてに効果を発揮する「本当の音読(能動的音読)」を伝えることに並々ならぬ思いがあり、音読の習慣化により、危機的英語力だった生徒を難関大学に多数合格させている。また、予備校生以外でも「ちょっとしたところ」でつまずく人たちの力になりたいと、執筆活動にも力を入れている。著書に『大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】』(ナガセ)などがあり、学校専用教材も手がけている。

A:完璧な日本語を話す人
B:ところどころおかしな日本語を話すが,伝達内容はしっかりしている人

 個人的には、Bの方と「友人」になりたいと思います。理由は、話をしていて、ちょっとした言い間違いが和やかな雰囲気を作り、話に花が咲くのではないかと思うからです。

 しかし、「ちょっとした言い間違い」にも2つのタイプがあることは言うまでもありません。それは、「内容がきちんと伝わる間違い」と「内容が違って伝わる間違い」です。

 前者は和やかな雰囲気作りを手伝いますが、後者は誤解から衝突を生む可能性すらあります。

 したがって、「内容が違って伝わる間違い」は絶対に避けなければいけません。

 外国語を学習する上で目標とすべきことは、「全ての表現を完璧にする」ことではありません。

「誤解が生じない知識を身につけ,最低限の表現を使いこなす」ことではないでしょうか。

 たとえば,相手がこのような表現を使ったら,あなたならどう感じますか?

・I love book.
・She love book.

 正しくは「I love books.」「She loves books.」ですが、内容はきちんと伝わります。「ちょっとおかしな英語を使う人がいる」という和やかな雰囲気になるのではないでしょうか。

 では、次のような表現ならいかがでしょうか?

・I love him.
・She love him.

 これがもし、「I loved him.(好きだった)」「She loved him.(好きだった)」の意味で使ったのであれば、「過去」と「現在」の区別が付かず、場合によっては恋敵と勘違いされる……ということもあり得るのではないでしょうか。

 新刊『1分間英語音読』では、atやinなどの前置詞をはじめとした、ニュアンスを伝える表現(多くの場合、内容はきちんと伝わる間違い)はあえて取り扱っていません。

「語順」や「時制」など、英語学習者が絶対に押さえるべき「誤解が生じないように使いこなしてほしい表現」のみを取り扱いました。

 最初から正しい英語を身に付けることはできませんし、またその必要もありません。本書を通じて、「ノンネイティブ」として自信が持てる英語力を身につけていただきたいと願っています。

★参考記事
・英語の「語順」がわかる!「語順音読」で効果的にマスター!

・英語の「時制」をマスター!「時間音読」がよく効く!