以前、中小・ベンチャー企業から大企業に転職したいと考えていた人は、安定性の違いが大きな理由になっていたと思います。しかし、現在は大企業といえども将来どうなるかは分かりません。その視点で大企業と中小・ベンチャー企業のどちらを選ぶか、を考える意味はだいぶ薄れてきたと思います。

 大企業の方が働くメリットが大きい要素を考えると、大企業はビジネス上大きな基盤を持っているため世の中に対してインパクトのある大きな仕事をしやすいという点があります。

 一方、大企業ではアウトプットのクオリティには直接影響しない社内調整に膨大なエネルギーを取られたり、会議のためだけに資料を作成しなければいけなかったりと「仕事ではない仕事」がまだまだ残っているところが多いのも事実です。

 また中小・ベンチャー企業で創業者を中心とした熱く盛り上がった集団で働いた経験があると、大企業はクールな体育会系のような組織に感じられるかもしれません。

 結局、自分のやりたいことが大企業にあれば大企業に行けばよいですし、中小・ベンチャー企業にあるならそちらに行けばよいのです。あるいは自分がより高いパフォーマンスを上げるにはどちらの方がよいか、誰と一緒に仕事をしたいか、といった視点で考えればよく、大企業か中小・ベンチャー企業かという軸で考える必要性は以前ほどないでしょう。

大企業へ転職して
活躍できるのはどんな人か?

 とはいえ中小・ベンチャー企業から大企業へ転職するときは、注意しておいた方がよいポイントがいくつかあります。