預貯金ならば、必ず現金が入ってきます。株券や有価証券も、少なくとも財産はプラスとなります。借金の相続という特殊なケースは別として、こうした相続は、少なくとも損にはなりません。ところが、土地や家屋のような不動産を相続したとなると話は違ってきます。場合によっては、厄介なものを背負いこむことになりかねないのです。

 もちろん、相続した家に住むのなら問題はありません。多少の相続税がかかるかもしれませんが、自分の家に住むという大きなプラスがあります。相続税にしても、相続した家に住む場合には大幅に軽減される措置があります。

 問題なのは、すでに子どもたちがみな自宅を持っているのに、亡くなった親がひとりで住んでいた場合です。そうなると、子どもたちは家を相続しても、そこに住む必然性がありません。結果的に、相続した実家が空き家になってしまうのです。

 空き家を維持するには、金銭の面でも、さまざまなコストがかかってきます。維持するための労力や時間もばかになりません。こうして、「住まない実家」を相続したことで、かえって“相続貧乏”になるというケースが増えてきたのです。

実家をきょうだいで押し付け合う

 今、日本では「空き家」問題が深刻になりつつあります。2014年7月に発表された総務省のデータでは、全国の空き家の数は820万戸。総住宅数に占める割合は13.5%となり、過去最高を更新しました。つまり、ほぼ7軒に1軒が空き家になっている計算です。野村総研の試算では、2040年にはなんと全体の4割が空き家になるといわれています。

 昔は、相続して実家を手に入れれば万々歳でした。バブル崩壊前は、「土地とお金どっちがいい?」といわれれば、誰もが「土地」と答えていました。土地の価格は常に右肩上がりだという「土地神話」が信じられていたからです。

 ところがバブルがはじけるとともに、そうした土地神話も崩れました。所有する土地の価格は、時間がたっても上がらないどころか、下がることも珍しくなくなったのです。しかも、土地や家屋は、固定資産税をはじめ、維持のコストがかかります。

 相続で現金をもらえれば、処分する(つまり、お金を使う)費用もいりませんし、維持費もかかりません。しかも何に使ってもかまいません。ところが、相続で不動産をもらうと、元本保証がありません。相続した時点より下がるケースもあります。また、売買するときには仲介手数料がかかりますし、名義変更するときにもお金がかかります。