日産自動車、ゴーン逮捕の真実が隠れる「3つの謎」
日産自動車のカルロス・ゴーン会長逮捕は、世間に衝撃を与えた。カリスマ経営者はなぜ転落したのか。報道からは、事件の真相をわからなくさせる「3つの謎」が浮かび上がってくる 写真:ユニフォトプレス

ゴーンはなぜ逮捕されたか?
わかりづらい3つの謎を解きほぐす

 2018年11月19日夜、日産自動車のカルロス・ゴーン会長が東京地検特捜部に逮捕されました。大企業の現役トップで、しかもカリスマと言われた経営者の逮捕は異例の事態です。

 日産自動車によれば、これまで数ヵ月にわたる内部調査を行い、不正を確認してきたということです。今年6月に導入された司法取引制度のもとで、東京地検に協力をしているそうです。

 一方で、捜査が進んでいることから、日産の西川廣人社長は「お話しできることには限界がある」と語っており、記者会見で公表した以上の情報はなかなか入ってきません。ゴーン会長とグレッグ・ケリー代表取締役については10日間の拘留が決定し、これから不正の詳細が解明されていくことと思われます。

 そこで、次の3つの謎が浮かび上がります。

(1)結局、何が問題だったのか

(2)なぜゴーン会長は内部告発されたのか

(3)これから何が起きるのか

 これらの謎について、判明している情報を中心に今回の事件の謎を紐解いてみたいと思います。

 まず最初に、「何が問題だったのか」ということから解明していきましょう。

 日産自動車によれば、ゴーン会長については内部調査を通じて3つの問題が浮かび上がったといいます。それは有価証券報告書への虚偽記載、投資資金の私的流用、会社経費の不正支出です。