【用語集】
(※1) かきあげ系:2種類の売買契約書を作り、銀行融資額をかさ上げする行為
(※2) フラット:住宅金融支援機構の住宅ローンのこと。と。
(※3) 旧耐震:1981年以前に建てられた、現在の新耐震基準を満たさない建物のこ
(※4) RC:RC造、鉄筋コンクリート造のこと。鉄筋を組んで型枠にコンクリートを流し込んで固めたもの。一般的なマンションの建築構造である。
(※5) オープンハウス:「東京に、家を持とう」の広告で知られる。戸建て以外にマンションも分譲。
(※6) マイソク:仲介不動産会社の情報源として、物件の概要、間取り図、地図などをまとめた資料の通称。元は、この資料を作成し配信する情報会社の社名だったが、現在は資料そのものをマイソクと呼ぶ。
(※7) CA:秘密保持誓約書。不動産を売買するとき、売主側が物件概要を開示する条件として要求することが多い。
(※8) キャップレート:不動産の収益還元率のこと。不動産の純収益(総家賃収入から管理費や修繕費などを控除したもの)÷不動産価格で算出する。低いほど投資回収まで時間がかかることを意味する。
(※9) 明和地所:1986年創業、大京の有力営業メンバー達が創業したマンションデベロッパー。

>>第2回『かぼちゃの馬車の教訓「向こうからくる不動産は全部クソ」』を読む