片づけ下手でもリバウンドしない
整理収納3つのステップ

 ここから紹介する一連の流れは、私が整理収納の現場でクライアントに行っているサポートそのものです。きっと皆さんが個人で行った場合にも効果が得られるのではないかと思います。これら3つのステップに共通する重要なポイントは、「作業中に手が止まらないようにする」ことです。

1:バラバラに置いてある物を集め、種類別に分ける

 片づかない状況が続くと次第にさまざまなものが一緒くたに置かれるようになってしまいます。これをいったんリセットすることが必要ですが、実際ここがいちばん骨の折れる作業です。ここで「バラバラに置いてある物を集める」ことと「不要な物を選別して減らす」ことを同時に進めようとすると、負荷が大きすぎて途中で嫌になってしまいます。

 手が止まるのは、余計なジャッジを自分に課している証拠。「集める」と「種類別に分ける」ことを目的に淡々と作業を進めましょう。ダイニングなら「食品・書類(通信、広告、資料、レシート)・文具・その他小物」、リビングなら「衣類(子ども・大人)・鞄・アクセサリー・本や雑誌・書類・おもちゃや絵本」といったように、おおまかに分けて山にしていくのです。

2:「今、ここで、自分が必ず使うもの」(1軍)を考え、残すものを選ぶ

 多くの方が片づけでつまずくのは「捨てる判断」が難しく心理的にハードルが高いことが原因。物の量を絞る際に気をつけたいのは「捨てるものを決める」のではなく「今ここで自分(または家族)が必ず使うもの、ほかに移したら困るもの」、つまり1軍の物を選ぶ作業だと意識することです。

 1軍に選ばれなかった物は、種類ごとにいったんダンボールなどに詰めます。できるだけ密度を上げてコンパクトにまとめるのがポイント。詰めた箱には入っている物をメモした上で別の部屋に逃がすか、逃がす場所がなければ邪魔にならないところに積みます。

 この方法は、片づけができる人には邪道だと感じることもあるでしょう。でも、苦手な人が、最初からすべてうまく進めるのは難しいもの。だからこそまず「今/ここ/自分」にフォーカスして、ものを選別することから始める必要があるのです。

3:2で選んだ物の定位置(置き場所)を決める

 片づけてもすぐにリバウンドするのは、自分の思考や行動にその整理収納があっていない証拠。2で選んだ物の置き場所は、自分(または家族)が使う場所のすぐ近くにするのが鉄則です。このとき少しでも「面倒くさいかもしれない」と感じたら、必ずその感覚を尊重しましょう。「より近くに場所を作る」「より簡単に出し入れできるようにする」などの方法を考えてください。