無難にプログラミングに触れた
2020年度からの教科書

 小学生に対するプログラミング教育は、必修化案が出た当初からコミュニケーション能力が十分に発達していない子どもをパソコンの前に座らせて行う授業に抵抗感のある大人が多く、さまざまな場面で有識者が集まり議論が行われてきた。

 その結果、小学校で学ぶべきは、実用的なプログラミング言語ではなく、情報活用の基本的な能力や論理的思考力を育むことを狙いとする「プログラミング的思考」と位置付けられた。また、授業も独自カリキュラムを持つ教科にするのではなく、既存の算数や理科といった教科に盛り込み、プログラミングを学ぶ機会を設けるとしている。

 そんなプログラミング教育が盛り込まれた2020年度からの小学生が使う教科書が、文部科学省から2019年3月26日に検定結果とともに公表された。

 検定に合格した教科書のほとんどは文部科学省の新学習指導要領が例示する課題が掲載され、“触り程度”に落ち着いたという内容が新聞などのメディアで報じられていた。

 小学生のプログラミング教育の第一歩という点では、例示を取り上げるのは無難だが、そこから「プログラミング的思考」をどうやって深めていくのかは、各学校や先生の力量次第ということだ。だが、冒頭にも述べた通り、そこまで授業を組み立てる力のある先生が全国の学校に何人いるのか、という課題はクリアしていない。