まずは原理です。人間は肺で呼吸します。ただし肺は自ら膨らむことができません。体の他の部分、主には胸と横隔膜を動かすことにより、間接的に肺を膨らませることで空気を取り込みます。胸を膨らませることでも肺を広げることはできますが、腹式呼吸では横隔膜を意識します。

横隔膜イラスト

 横隔膜は、添付のイラストで濃く示された部分にある、文字通りの膜です。この膜を下に押し下げることによって、肺を膨らませることができます。胸はできるだけ使わずにリラックスさせておきながら、横隔膜のみを押し下げて呼吸をする方法のことを「腹式呼吸」と言います。横隔膜により内蔵が押され、お腹が膨れることから、「腹式」という名前がついたのでしょう。厳密には「横隔膜式呼吸」ですね。

「良い声」を出せる
腹式呼吸の仕組みとは

 では、なぜ腹式呼吸だと大きな声が出るのか。そのカギは「分業」です。良い声を出すには体の各部の分業体制を明確にイメージすることが必要です。

 たとえば、大きな声を出そうとして喉周辺に力が入ってしまう人がいますが、これは逆効果です。声は声帯の振動で発生し、それが喉、口腔、頭骨や胸部に響くことで増幅されます。響かせるためには、声帯がある喉はもちろん、各部を脱力した柔らかい状態にしておく必要があるのです。緊張状態にあるとうまく響きません。オペラの達人になると、腹を通り越して太ももまで振動するなんていう話もあるくらいです。

 一方、横隔膜の役割は息のコントロール。声帯で生み出される音の大小は、声帯を通る息の勢いで決まります。その息を肺がいっぱい吸い込むために横隔膜は下がり、勢いよく出すために上がる。

 つまり、声帯は音の発生源、頭部・喉・胸部は音の増幅器官、そして横隔膜(腹)は息を勢いよく出すための送風機、といったそれぞれの機能を持つことになるわけです。各部がそれぞれの機能に特化し、パフォーマンスを上げることにより、大きな通る声が生まれます。

 次に、実践方法について。どうすれば、腹式呼吸で発声ができるのでしょうか。まずは2つのことを意識し、続けていくことが効果的です。