ファストフード
Photo:123RF

ポップコーンは先住インディアン由来
フライドチキンは黒人奴隷と深い関わり

『食の実験場アメリカ-ファーストフード帝国のゆくえ』書影
『食の実験場アメリカ-ファーストフード帝国のゆくえ』 鈴木 透著 中央公論新社刊 880円+税

 白人によって作り上げられた「ファストフード帝国」。画一化されていて正直面白みに欠ける半面、汎用性の高さゆえに世界中至るところへ浸透している。恥ずかしながら、本書『食の実験場アメリカ-ファーストフード帝国のゆくえ』を読む前に「アメリカの食文化」としてまず思い浮かぶのはこの印象だった。

 しかしその原点にまで遡っていくと、まったく異なる景色が見えてくる。元をたどればそこには画一化とはほど遠い多様さがあり、また必ずしも白人たちが主役だったわけでもない。

 アメリカを代表するとされる食べ物の中には、実は非西洋にルーツを持っている例が少なくない。ポップコーンは先住インディアン由来の食べ物だし、フライドチキンは黒人奴隷と深い関わりを持っている。

 外部からの影響の大きさを抜きにして、アメリカの食文化を語ることはできない。本書はそんな立場から、従来のイメージとは異なるアメリカの食の実像に迫る一冊だ。