「革命」へ突き進む学生
大学の教室は閑散

香港警察発砲で危険度は一段上昇、学生たちは大学ではなくデモへ向かう
香港大学キャンパス内に掲げられた学生たちのスローガン Photo by Y.K.

 一方で、発砲という現実を目にした抗議者たちは、それにひるみ、現場から去り、もうすぐ新学期が始まるキャンパスに帰っていくのだろうか。

 香港大学のキャンパス内から眺める限り、彼ら・彼女らがすんなり帰ってくるとは思えない。授業ボイコットやストライキという動きはすでに起きている。

 「光復香港、時代革命」

香港島の政府機関が集中するアドミラルティ周辺でも、学生たちのスローガンは至るところにみられる

 警察と衝突する若い抗議者たちが掲げるスローガンである。キャンパス内を含め、街の至るところで目にする。習近平政権になって以来「中国化」していく香港ではなく、社会主義というイデオロギーの下、共産党一党支配で統治される中国とは一線を画した、自由と法治が制度的に保障され、機能し、民主化の方向に向かっていく香港。それを自らの世代で、自らの行動で勝ち取ること。それこそが、自分たちが生きるこの時代に果たさなければならないミッション。

 彼ら・彼女らはそれを「革命」と呼ぶ。

「先生には申し訳ないけど、いま僕たちが向かうべき場所は教室じゃない」

 香港大学で政治学を学ぶ、これから3年生になる男子学生が筆者にこう言って、デモ現場へと向かっていった。

(国際コラムニスト 加藤嘉一)