たとえば、数学の問題なら、天才的なひらめきは必要なく、解き方をしっかり覚えて、その通りに解いていけばOKです。

 英作文だったら、ネイティブのような表現を使うよりも、減点されないことを優先して解答すればいいのです。

 実際、東大生のほとんどは、「一科目がめちゃくちゃできる天才」ではなく、「全科目がそこそこできるアベレージヒッター」です。

 抜きん出て勉強ができる人などまれで、多くは、受験のシステムを理解し、総合点を上げることで勝ち抜いてきた人たちです。

不得意科目を伸ばすほうが
伸びしろが大きい

 総合力を問われる受験勉強において大事なのは、「苦手を潰していく」ことです。

 受験は、自分のリソースを各科目にどう配分して合格点まで到達するかというゲームでもあります。

 その配分においては、「伸びしろ」に着目しましょう。

 得意科目なら、80点から90点に伸ばせても加点は10点ですが、不得意科目は50点から70点にというように加点を大きくできます。つまり、伸びしろが大きいのです。

 それに、80点から90点に伸ばすためには、ほとんど出題されないような、かなり細かい部分までカバーしないといけません。一方、50点から70点は基礎固めをきっちりしていけば達成できます。

 伸びしろという面で考えても、勉強範囲という面で考えても、苦手を潰していくほうが合理的なのです。

 だから、いかに不得意科目を人並みにもっていくか、それをさらに伸ばしていくかしだいで合否が決まってくるともいえます。

 僕はもともと国語と英語は得意だったので、その分、不得意な数学にリソースを集中させました。そのとき、一番こだわったのが「人が解ける問題を落とさない」ということです。