そして夕食も食べた方がいいですね。3食食べて定期的に栄養が入ってくると危険状態ではなくなったと体が判断して代謝もよくなっていきます。最初、体重増加が心配なのであれば、夕食は主食を抜いておかずと副菜、汁物などを中心に食べるようにしましょう。きのこや海藻類を積極的に取り入れたり、タンパク質は脂の少ない赤身肉や大豆製品、魚を選んだりするとより良いです。夕食は、3食の中では1番ボリュームが少なくてOKです。

ダイエット中から考えておくべき
リバウンドを防ぐ2つのポイント

 ダイエット中は体重を落とすことだけに目がいきがちですが、成功してからのことも考えながら取り組むことがとても大切です。

(1)この食生活は続けられるのか

 継続できる食生活かどうかが重要です。ハードなダイエットにはリバウンドがつきものです。Aさんのようにスタイルアップが目的のダイエットの場合は、月マイナス1㎏程度を目安に、ゆっくり時間をかけて無理なく減量するのがおすすめです。

 自己流の極端な糖質制限や「肉だけ」「野菜だけ」といった偏った食事は体を壊してしまうことにもなりかねないのでやめましょう。食べることは欲求の一つなので、焦らずゆっくり、食事を楽しむことも忘れずにダイエットに取り組むことが成功のポイントです。

(2)運動習慣をつける

 食事と運動でダイエットに成功した方は、運動がなくなることで消費エネルギーが減ってしまうので、それがリバウンドの原因になります。ジムで行っていたような運動ができなくても、歩く習慣をつける、階段を使う、すきま時間に筋トレをするなど、体を動かすことは続けていきましょう。

 Aさんの場合も、ジムで筋トレしていたときに比べると活動量が減っているのではないでしょうか。立ち仕事をされているということなので、立っているときにおしりに力を入れたり、かかとの上げ下げをしたりするだけでも筋トレになります。

 食事も運動も実生活に戻ったときに、どうしたら無理なく続けられるかを事前に考えておくと、自分に合った方法が見つかりやすくなります。