プロ野球誕生以来、最も多くの
選手を球界に送り込んだ「10校」とは?

 それでは、第10位の学校から順に見ていこう。

第10位 早実(東京都) 43人

 第10位は、高校野球草創期からの名門・早実で43人。王貞治(巨人)をはじめ多くの名選手を輩出してきたが、早稲田大学に推薦で進学できることから入試が難しくなり、近年は甲子園への出場回数がかなり減っている。それでも、清宮幸太郎(日本ハム)など超高校級選手を擁して甲子園に出場、また早大を経由してプロにも定期的に人材を送り込んでいる。

第9位 松山商(愛媛県) 49人

 9位の松山商も、甲子園大会が始まる以前から続く明治時代からの名門校。プロ草創期に、景浦将(阪神)など数々の名選手を送り込んだ。以後も多くの選手が活躍したが、平成以降の全国的な商業高校衰退の波を受け、2001年夏を最後に甲子園には出場していない。プロ入りも、2005年の梅田浩(創価大、巨人8巡目)を最後に指名がなく、現役選手はゼロ。

第8位 享栄高(愛知県) 55人

 享栄高と言われてまず思い出すのが、プロ通算400勝という大記録を打ち立て、先日亡くなった金田正一(国鉄・巨人)。高校は中退しているが、公式戦でも登板しているのでカウントしている。他には初登板でノーヒットノーランを記録した近藤真一(中日)など。現役では大島洋平(中日)らがいる。

第7位 大体大浪商高(大阪府) 56人

 この名前で甲子園に出場したことは1回しかなく、往年のファンには「浪華商」「浪商」として有名。戦前から昭和40年代頃にかけての名門校だ。1979年の選抜で牛島―香川のバッテリーを擁して準優勝した以降は、あまりプロも出ていない。現役では村田透(日本ハム)がいる。