「英語」と「英会話」
を区別したがる日本人

 まず1つ目の理由は、会話力重視に路線を変更してから、単語・文法・読解を学ぶ比重が低下したことが挙げられる。単語・文法・読解は、外国語を学ぶうえでの基本となるもの。よく「アメリカ人の子どもは、文法など知らなくても英語を話せる」と文法不要論を述べる人間がいるが、あれはアメリカで生まれ、24時間英語を使う環境で育ったネイティブだから通用する理屈。大人になってから外国語を学ぶ人間には当てはまらないのだ。基本がしっかりしてないのに、会話力が伸びるわけがない。

 だいたい日本人は「英語」と「英会話」を区別したがるが、これ自体が間違いだ。以前僕は、知人が英語を習いたいというのでイギリス人の英語教師を紹介したことがある。その教師は霞が関のキャリア官僚に英語を教えており、もちろんイギリスの教員国家資格を持つ、英語教育のプロだ。だがその教師の体験レッスンを終えた知人は、こう言ったという。「自分が習いたいのは英語ではなく、英会話だ」と。そこでイギリス人教師は、「日本人はよくそんなことを言うけれど、英語を学ぶのに英語と英会話の区別などない。英語を学ぶとは、まさに英語そのものを学ぶことだ」と諭したという。

 ちなみに英語教育はイギリスの一大産業でもあるので、外国人に英語を教えるノウハウに関しては相当進んでいる。つまりイギリスは英語の本場であるだけでなく、英語教育の本場でもあるのだ。その本場の教師が言う通り、英語教育に英語と英会話の区別などない。むしろ、区別して考えるほうがナンセンスだ。だが日本では、それに逆行するような「会話力重視」の英語教育へと舵を切っているのである。僕はここに大きな問題点があると考える。

 そして2つ目の理由は、国語力の低下。つまり、母国語である日本語力の低下だ。特に、読解力はあらゆる国語力の基礎となるが、その読解力が、子どもだけでなく大人も落ちているという。ここでは詳しい説明はしないため、詳しくは『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』(新井紀子著/東洋経済新報社刊)を参照いただきたい。