1位文京区、2位武蔵野市、3位千代田区
学力偏差値トップ25を一挙公開

順位 学力偏差値 自治体 国語正答率 算数正答率
1 72.7 文京区 76.1% 66.3%
2 68.1 武蔵野市 74.4% 63.4%
3 65.5 千代田区 72.7% 62.6%
4 64.5 中央区 71.6% 62.8%
5 62.8 目黒区 72.3% 60.1%
6 62.0 世田谷区 71.9% 59.7%
7 61.1 港区 70.1% 60.9%
8 60.4 新宿区 70.3% 59.9%
9 59.9 杉並区 70.7% 58.9%
10 58.8 江東区 70.0% 58.5%
11 57.2 品川区 69.3% 57.6%
12 57.0 渋谷区 69.1% 57.6%
13 56.9 三鷹市 70.0% 56.4%
14 55.8 国分寺市 69.7% 55.6%
15 54.6 北区 68.5% 55.7%
16 54.5 中野区 67.7% 56.6%
17 54.2 小金井市 69.3% 54.3%
18 54.0 国立市 68.1% 55.6%
19 53.5 西東京市 67.7% 55.5%
20 53.0 練馬区 67.5% 55.2%
21 52.4 台東区 67.5% 54.5%
22 52.2 調布市 67.4% 54.4%
23 51.7 足立区 67.9% 53.3%
24 51.7 荒川区 67.2% 54.1%
25 49.9 大田区 65.2% 54.6%
東京都「児童・生徒の学力向上を図るための調査」(2018年度)を基に作成。順位は少数点第2位以下も加味している。

 ランキングを見ておわかりのように、文京区が偏差値72.7と都内トップだった。国語の正答率は76.1%、算数の正答率も66.3%で、いずれも1位である。東京都の平均(国語66.5%、算数53.8%)を大きく上回り、名実ともに文京区の強さが目立った。
 
 ランキング2位は、偏差値68.1の武蔵野市だ。国語が74.4%、算数が63.4%といずれも2位である。武蔵野市は4路線に接続する吉祥寺駅や、井の頭公園に代表される自然豊かな地域であり、近年は各種「住みたい街ランキング」トップクラスの人気を誇る。人口約14.7万人と23区に比べると小さな自治体であるが、その存在感は大きい。

 そのため、地方出身者も含めて高学歴の家庭が移り住むケースが多い。実際、国勢調査のデータ(2010年)を調べると、大学や大学院を卒業した「四大卒比率」が全体の34.7%に及ぶ。これは自治体の中でも都内1位であり、それだけ高学歴の親が多く住んでいる証拠である。

 ランキング3位が千代田区(偏差値65.5)である。番町小学校から麹町中学校、日比谷高校、東京大学という国公立のエリートコースがあることで、かねてから羨望のまなざしが向けられてきた。近年は、もう一つの選択肢として中高一貫の区立九段中等学校の人気が出ており、しかもここが区民の優遇枠を設けているために、オフィス勤務の高キャリア夫婦らからの支持が高い。

 さらに4位の中央区(同64.5)、5位が目黒区(同62.8)と続く。これらの地域はいずれも、私立・国立進学率も、四大卒比率も高い。ほかにも地価の高さが共通することから、高学歴、高年収で教育熱心な親が多くいることがうかがえる。さらに、6位は世田谷区(同62.0)、7位は港区(同61.1)、8位は新宿区(同60.4)、9位は杉並区(同59.9)、10位は江東区(同58.8)と続いており、これも同様の傾向があるといえるだろう。