普通の人が自宅を買うなら
住宅ローン控除は適用できる

 誰でも簡単に適用できそうな住宅ローン控除ですが、様々な要件があり、それらをクリアしなければ対象とはなりません。住宅ローン控除の要件をひと言で表現すると、“普通の人が普通の住宅を購入”することだといえます。

 まず、この適用を受けることができる“普通の人”ですが、その年分の所得金額が3000万円以下であることです。たまたま、その年の所得が3000万円を超え、翌年はそれを下回るような場合、下回った年については適用を受けることができます。

 そして、“普通の住宅”ですが、その住宅の床面積が50平米以上で、その半分以上を居住用としているものでなければなりません。半分以上を何かの商売のために使用している場合は適用は認められません。取得の日から6ヵ月以内に居住し、その年の12月31日まで引き続いて住んでいること、また、その人のメインの住宅であることも要件となります。そして、いくつか住宅を所有していても、適用を受けられるのはメインの住宅のみとなっています。

中古住宅購入の際は
“築年数”に気をつけよう

 住宅ローン控除は、中古住宅であっても、一定の要件を満たしていれば、適用を受けることができます。その要件の中で、もっとも重要なものが“築年数”です。

 それは、次のような区分で規定されています。

・マンションなどの耐火建築物の建物の場合には、その取得の日以前25年以内に建築されたものであること

・耐火建築物以外の建物の場合、その取得の日以前20年以内に建築されたものであること

 耐火建築物とは、建物の主たる部分の構成材料が鉄骨造(軽量鉄骨造は含まず)、鉄筋コンクリート造または鉄骨鉄筋コンクリート造などのものをいいます。