ESG投資が、たまたま平均よりも高い運用パフォーマンスを上げることがあるかもしれないが、期待値として優れた運用方法ではないことは、冒頭で述べた通りだ。

 ESG投資を行う投信を通じて社会貢献しようとすること自体は悪くないが、より効率のいい投資を行って増えたお金を、自分が直接社会貢献に使うといいのではないかとも思える。

 普通にお金を増やしたい人は、ESG投資について考える必要はない。

ESGは運用業界が仕掛ける
「ビジネス」である

 機関投資家の世界を眺めると、ESGは広義の運用業界が仕掛けているビジネスの一つだとの印象を持つ。

 年金基金などのスポンサーが、アクティブ運用に対する過大な期待を卒業して手数料の安いパッシブ運用を指向していることで、もうけにくくなった運用会社やコンサルタント会社が、年金基金のための「新しい用事」を用意して、ESGビジネスで一稼ぎしようと考えているように見える。

 機関投資家としては、ESGの観点を投資に持ち込むことによる追加的なコストに意識的であるべきだろう。

 幸いにして、その追加的コストはまだひどく高いというほどではないのだが、「投資にESGを持ち込むと高く付く」と覚えておこう。