足指のグーパー体操で
「浮き指」は改善できる

 自分が浮き指かどうかわからないという人のチェック方法は、まず足指の力を抜き、足の親指を甲に向かって、手で強く押した時90度以上反れば「浮き指」だ。

 さらに、腰痛だけではなく、浮き指は下半身太りにも大きく影響していると笠原氏は言う。

「これは特に足の親指が極端に浮いている女性に多いのですが、足の親指は指の中でも特に体を支えているため、その親指が特に浮いて足裏が不安定になると、下半身の大きな筋肉であるお尻や太ももで土台の不安定を補おうとするため、余計な筋肉や脂肪がついて下半身太りになってしまうのです」 

 上半身は細く、下半身の筋肉に悩んでいる人も、浮き指を疑ったほうがいいかもしれない。習慣化してしまった浮き指は、どうすれば改善できるのだろうか?

「ひとつは浮き指の人は足指の筋力が衰えているので、足指のグーパーリハビリ運動を行うことです。手を使って、足の親指を付け根から深く曲げる『グーの運動』、次に、親指を付け根から深くグルグルと回す『パーの運動』を繰り返すだけで親指の運動可動域が広がり、踏ん張る力がつきます。あとは足裏のセンサーを活発にするために、足裏を手の爪を立ててやや痛いぐらいに刺激する。歩く際はひざを伸ばし切らず、ひざを普段より1cmぐらい上げて歩くようにするだけでも、浮き指はだいぶ改善されます」

 またこうした浮き指の習慣は、早い場合は小学校に上がるぐらいから既に始まっているというから注意が必要だ。

「サイズが合っていない大きめの靴や上履きを履いていると、靴が脱げないように無意識に足指を浮かせてロックして歩いてしまうため、浮き指になりやすくなってしまいます。お子さんの靴は常に成長に合わせ、足の横幅を締められるものを。また、毎回出かける際は靴ひもをしっかり締めると、靴の中で足が安定し、足指の形が崩れにくくなります」

 なかなか治らないひざ痛、腰痛や肩こり、首こりに悩まされている人は、骨盤矯正やマッサージの前に、体の土台である足裏がゆがんでいないか、チェックしてみてはいかがだろうか。