お布施を“節約”するには
どうしたらいいのか

 完全なDIY葬儀をするには、「親族は喪主だけの高齢者」で、「菩提寺と縁を切る」ことができていないと難しいようだ。

 しかし、「葬儀社に頼む場合でも、一部をDIYしたり節約したりすれば、賢くお金が使える」と、松本氏は話す。

「葬儀の工程で節約するとしたら、僧侶に支払うお布施と戒名料、そして食事代です。お布施の相場は、寺の格や地域によっても大きく異なりますが、あえて無理やりお布施の相場を出すと『20万〜40万円』ほど。節約をするなら『お布施』ですが、先祖代々の墓がある菩提寺に『お布施を負けてくれ』とは言いにくいですよね」

 ただし、家計事情もおもんぱかってくれる僧侶もいるという。ちなみに、松本氏が喪主を務めた際は「戒名料とお布施込みで25万円」と僧侶に掛け合い、その値段で進めたという。

「僧侶からお布施の金額を提示することはできないため、私のように喪主側の言い値が通ることもあります。初めは渋い顔をされましたが(笑)。ただ、お布施や戒名は故人への想いにも関わる部分なので、難しい面もあると思います」

 葬儀社を選ぶ際には、事前に相見積もりを取っておくと安心である。

「いざ葬儀の段階になって、各社から相見積もりを取るのは至難の業なので、事前に決めておくのがベストですね。また、故人や喪主の想いをくんだアドバイスをくれる葬儀担当者かどうかも重要なポイントです」