設問文の意味すらわからない

 さらに榎本氏は学生の読書傾向のデータをあげながら、危機的現状について警鐘を鳴らす。全国大学生活協同組合連合会が、毎年全国の国公私立30大学の学生を対象に実施している学生生活実態調査によれば、読書しない学生の比率がこのところ急激に高まっているという。

 1日の読書時間が0(ゼロ)という学生の比率は、2012年までは30%台半ばで推移していたが、2013年以降高まり続け、ついに2017年には53.1%と過半数に達した。2019年は48.1%と多少低下したものの、相変わらず半数ほどの学生が読書時間0(ゼロ)となっている。もちろん今でも読書に熱心な学生もいて、26.8%の学生が1日1時間以上は読書にあてている。

 つまり、毎日1時間以上読書している学生が4分の1ほどいるものの、読書はまったくしないという学生が半数ほどいることになる。大学生なのに読書時間0(ゼロ)という学生が半数もいるとしたら、これは知識偏重というより知識軽視の教育が行われているというべきなのではないか。

 実際、榎本氏の研究領域では、従来当たり前のように行っていた心理検査やアンケート調査のできない学生が増えている。設問文の意味がわからないのだ。榎本氏自身、そのような質問をされて驚くことが少なくない、という。

 たとえば、「内向的って何ですか?」「事なかれ主義ってどういう意味ですか?」「引っ込み思案って、どういう意味ですか?」「気分が不安定って、どういうことですか?」「むなしいって何ですか?」などといった質問が出る。

 少し前なら学生たちが普通に使っていた言葉が通じなくなっている。そうなると、本を読んでも内容を理解できないのはもちろんのこと、人の話も理解できないことが多くなるだろう。授業中に教師が話す言葉も十分に理解できないのではないだろうか。内容の理解以前に、言葉を理解できていないのである。読解力の乏しさが深刻化しているのは、授業をしていてひしひしと感じるという。

 大学入試を設計する立場にある人たちは、その影響力の大きさを自覚し、子どもたちの知的発達を促す方向に、小中高校の教育が向かうように配慮していただきたいものである。