中国の飲食店
中国の飲食店でお客さんを招いて食事をすると毎回大量の食べ残しが発生する。日本の感覚では「食事の途中」であるかの量だが、これらはすべて食べ残しで廃棄される。写真は筆者撮影

習近平国家主席が「今の中国の食べ残しの現状を目にして、衝撃を受け、心を痛めている」と語り、食べ残しに警鐘を鳴らした。もともと中国では、外食で客人をもてなす際には、ホスト役は食べきれないほどの大量の料理を注文し、客人もわざと食べ残すのを礼儀とする文化が根強くある。このため、中国のマスメディアやSNSでは「食べ残し」についての話題や議論で盛り上がっている。(日中福祉プランニング代表 王 青)

中国のマスコミやSNSでは
「食べ残し」が話題に

 最近、中国のマスコミやSNSでは、中国のレストランで毎日発生する「食べ残し」についての話題で賑わっている。

 これらによると、中国の主要都市の外食産業で廃棄される食べ残しの量は1日1700万~1800万トン。とりわけ、上海は6000トン、成都は2200トン、杭州はなんと1.2万トンと驚くべき数字である。金額で計算すると、廃棄される食べ残しは年間2000億人民元に上り、2億人分の1年間の食料費に相当するという(※筆者注:実はこれらデータはさまざまなものが発表されており、どれが正確なのかは判断が難しい。とにかく欧米諸国や日本などに比べ、大量の食べ残しが発生していることは確かである)。

 中国のレストランでは、大量の食べ残しが捨てられていく光景が日常的に見られる。炒め物や蒸し物、各種の点心、主食の麺類やご飯類など、そして、一箸も付けてない料理も無情にゴミ箱に廃棄されていく。