これからのサラリーマンに必要なのは
「自分をSEO」する視点

moto 「仮想空間シフト」は本当に、語りたいポイントが多すぎてどこからお話していいかわかりません(笑)。

尾原 それはありがとうございます。でも一番重要なのは、はじめに言語化していただいたように「仮想空間での生き方の方がはるかに自由度が上がっている」ということだと思うんですよ。motoさんなんかはまさに、会社員としてのアイデンティティよりも、インターネットという仮想空間上の「moto」というアイデンティティの方が年収も高いわけですよね。

moto そうですね。今年は会社員での年収は1500万円、副業の売り上げは5億円になりました。個人では役員報酬で年収1億円をもらっています。

尾原 年収だけじゃなくて、信頼とかブランド力なんかの観点で見てもそうです。仮想空間上の活動を通してmotoという名前であったり、そのアイコンであったりというアイデンティティが生まれ、さらには「転職や仕事のことならmotoさんに聞け」という信頼感を多くの人が持つに至っています。

moto 本当にありがたいことですね。僕は仮想空間で生きていくためのポイントとして「どう自分を検索されたいか?」を常に考えておく必要がある、というのを本を読んでいて感じました。

尾原 なるほど、それはおもしろいですね。