仕事も、暮らしも、全てが仮想空間にシフトする。アフターコロナの世界に起きる人類の強制進化的な生き方について書いた「仮想空間シフト」を2020年8月に山口周氏との共著で出版した尾原和啓氏と、5回の転職を成功させ著書「転職と副業の掛け算」がベストセラーとなったmoto氏の対談を実施。後編では副業で売り上げ5億円、年収1億円を稼ぐスーパーサラリーマンmotoさんこと戸塚さんの今後の展望に迫りました。(文/平澤元気)
>>前編はこちら

尾原 コロナ禍でみんなリモートワークを経験し、そのメリットを理解した一方で、徐々にリモートワークの限界みたいなものも見えてきたり、すでに従来の勤務体系に戻っている会社もあります。

moto そういった話題を耳にすることが増えましたね。

尾原 前回、「ただ上から降ってきた仕事をやるだけじゃなくて、最終目的を明確にした上で、自分で仕事を作り出そう」という話があったかと思いますが、これがリモートだと難しいと思う人って多いと思うんですよ。ただ指示された、決まった仕事をこなすことにおいて仮想空間は移動などの無駄な時間が発生しない分、生産性が上がりますが、じゃあ次に何をすべきか、というところでつまずくことが多い。

Photo by moto、尾原和啓moto 1987年長野県生まれ。SNSで転職や副業、年収に関する情報を発信しているサラリーマン。副業ではブログを事業化することで、会社を経営している。2019年には初の著作『転職と副業のかけ算』が発売された。 尾原和啓(おばら・かずひろ) IT 批評家。1970年生まれ。京都大学大学院工学研究科応用人工知能論講座修了。マッキンゼー・アンド・カンパニーにてキャリアをスタートし、NTTドコモのi モード事業立ち上げ支援、リクルート、ケイ・ラボラトリー(現 KLab、取締役)、コーポレイトディレクション、サイバード、電子金券開発、リクルート(2回目)、オプト、グーグル、楽天(執行役員)の事業企画、投資、新規事業に従事。経済産業省対外通商政策委員、産業総合研究所人工知能センターアドバイザーなどを歴任。著書に、『IT ビジネスの原理』『ザ・プラットフォーム』(共にNHK 出版)、『モチベーション革命』(幻冬舎)、『どこでも誰とでも働ける』(ダイヤモンド社)、『アルゴリズム フェアネス』(KADOKAWA)、共著に『アフターデジタル』『ディープテック』(共に日経BP)などがある。

moto 確かにそれはありますね。

尾原 「次何をすべきか」を考えるためには、motoさんのように目の前で起きていることを解像度高く分解して、何が本質か、何が問題かということを正しく精緻に捉える必要があると思いますが、motoさんはどうやってそういう能力を身に付けたのでしょうか?