主要国の中でも、特に中国での自動車販売の回復が際立っている!?
主要国の中でも、特に中国での自動車販売の回復が際立っている!? Photo:China News Service/gettyimages

主要国の自動車販売状況
回復が鮮明化

 足元、主要国の自動車販売状況を見ると、コロナ禍からの回復が鮮明化している。中でも、中国での回復が際立っている。9月に入り、米国でも徐々に新車販売台数が持ち直している。わが国でも自動車需要は持ち直しの兆しが出ている。わが国経済にとって、米中をはじめとする主要国の自動車需要の回復は景気下支えに重要だ。

 特に注目したいのは、中国でEV(電気自動車)など新エネルギー車の販売が右肩上がりで増えていることだ。その背景には、環境政策面で世界を主導したい中国共産党政権の目論見(もくろみ)が込められている。また、EVに用いられる部品数は、レシプロ型のエンジンを搭載した自動車の部品数(約3~5万点)の半分程度で済む。「すり合わせ技術」を強みにしてきたわが国自動車メーカーは、米中にはない新しい自動車関連の技術を生み出し、新しい環境への対応策を早急に整える必要がある。

 それに加えて、主要国の中には都市空間の一部として、自動車の利用を念頭に置いたインフラ計画も進められようとしている。世界最大の自動車市場である中国の政策は、世界の自動車開発や環境政策に無視できない影響を与える。

 わが国自動車企業がそうした変化に対応しつつ、新しい自動車のコンセプトを世界に示すことが重要だ。わが国の屋台骨ともいえる自動車産業が世界市場での地位を維持できるか否か、当面のわが国経済の安定と成長を左右することは間違いない。