個性を活かす社会で、
あなただけの「ギフト」を輝かせよう

日本の公教育の強みは、格差は多少あれど、質の高い均質な教育が全国各地で受けられることだといわれます。

ところが、この均一、平等であることの裏返しで、日本の公教育は、子どもたちの選択肢が少ないとしばしば指摘されます。

あなた自身も感じたことがあるかもしれませんが、日本の公教育は極端な「横並び」です。

公教育の方向性に合う才能は、確かにサポートされ開花していくでしょう。

しかし、人の才能は多様です。

日本の教育の枠組み、方向性に合わないような天才たちが多くいることは、これまでのギフテッド教育の研究成果から見て、間違いありません。

横並びの公教育では、彼らの才能のつぼみが摘み取られてしまうことも大いにあるのです。

アメリカでは、全体の10%程度がギフテッドな子どもといわれています。
この数字を見て、「意外と多い」と感じませんか?

少子化が進み、今後は経済成長も縮小していくと予測されている国、日本。
今すでに大人になっている私たちも、改めて自分自身の個性や才能について見つめ直していきましょう。

程度の差はあれど、誰にでも、「これは、他の人よりも少し得意」「何の役に立つかはわからないけれど、この好きなことに関しては、際限なく追求できる」ということがあります。

一人ひとりの個性、才能、能力に目を向けていく。この記事を読んでいるあなたの考え方、行動の小さな変化が、いつしか社会全体に広がり、一人ひとりの中にすでにある才能、あなた自身の持っている「ギフト」を輝かせる生き方につながります。

最初にあげたギフテッドの特徴にピンときた方、この記事が少しでも役に立ったと感じたら、ぜひシェアしていただけると嬉しいです。

ギフテッドに対する誤解を解き、社会全体として一人ひとりの個性、才能を伸ばす体制づくりの一助になれば幸いです。