もともと人間の感情というものは本能と関係していますから、コントロールするというのは至難の業です。

「怒り」をためやすい人は高血圧の傾向がある

 そもそも、私の研究は、「怒り」の感情を追究することからはじまっています。心療内科に来られる患者さんと日々接しているうちに、私はあることに気がつきました。それは「怒り」を我慢している患者さんがとても多いということでした。同時に、年齢が若くても血圧が高い人が多いことも気になりました。怒りと高血圧につながる循環器疾患は関係しているのではないか――こんな疑問を持ちはじめたのです。

 実際に調べていくと、ストレスが体にどのような影響を与えるかについて研究、発表した雑誌がありました。しかもとても古く、1939年の『Psychosomatic Medicine』という心身医療向けの雑誌です。

 そのなかで、「高血圧になりやすい人」を調べたところ、「怒りをためやすい人」であると書かれていました。つまり、私が思っていたとおり、怒りによる興奮は血圧を上げてしまうということです。

 当然、血管系の病気である循環器疾患になるリスクも高くなります。また、私たちの研究グループでも「怒りと心血管疾患、循環器疾患との関係」について発表した論文があります(Tezuka K, et al. Psychosom Med, 2020)。

 怒りの測定には、20問の質問に答えてもらって怒りのスコアを出し、怒りの強さを客観的なスコアとして出します。そのなかで、怒りと循環器疾患との関連を、都会と地方の田舎とで見ました。すると興味深いことに、都会でしか明らかな関係性が見られませんでした。

 その理由は、おそらく都会のほうがストレスが高いということが影響しているのではないか、また都会のほうが人とのつながりが少ないことが影響しているのではないかと私たちは予想しています。全循環器疾患で見ると、都会では怒りのスコアが高い人は、低い人に比べて1.87倍も病気になりやすいという結果になりました。